この記事のポイント
  • モナコインは2ちゃんねる発・日本発祥の仮想通貨
  • 世界で初めてSegwitを導入するなど技術的な評価は高い
  • 2019年5月のCoincheckへの上場で3倍近くまで高騰した

モナコインは将来性がないの? 」そんな心配をされていませんか。確かにモナコインは他の仮想通貨プロジェクトとは違って、社会的な意義をもった仮想通貨ではありません。しかしモナコインは他の仮想通貨にはない魅力がたくさんあります。そこで本記事では、 モナコインの将来性についてくわしく解説します。

仮想通貨の2019年・2020年相場予想

モナコイン (MonaCoin/MONA) とは

モナコイン (MonaCoin/MONA) の基本情報

モナコインの基本情報
仮想通貨名MONA (モナコイン) 
発行開始年月2014年1月
発行上限枚数1億512万枚
コンセンサスアルゴリズムPoW
公式サイトhttps://monacoin.org/

モナコインは巨大掲示板サイト2ちゃんねる (現5ちゃんねる) から誕生した仮想通貨です。モナコインのロゴマークには2ちゃんねるで有名なアスキーアートの「 モナー 」が描かれています。モナコインのコードはライトコインをベースにしています。2019年7月現在の仮想通貨時価総額順位は50位となっています。

日本発祥の通貨のため日本人に非常に人気があり、国内取引所においても取扱数は多いです。海外での知名度は、残念ながらそれほど高くはありません。

モナコイン (MonaCoin/MONA) の特徴

特徴1 ネット掲示板「2ch」から生まれた仮想通貨

モナコインは巨大掲示板サイト 「 2ch 」 のソフトウェア板の書き込みから誕生した仮想通貨です。ハンドルネーム2chpool ◆bzJIFpVqts氏 (Watanabe氏) によって公式サイトやメインチェーンが立ち上げられました。2chpool ◆bzJIFpVqts氏 (Watanabe氏) はもともとライトコインのマイニングプール 「 2chpool 」を運営・管理していた技術者です。

開発の経緯からお分かりいただけるとおり、何か社会的な問題を解決するために開発された通貨ではありません。仮想通貨好きが集まって、なんとなく「 2chの独自通貨を作ろう 」とノリで作ったような仮想通貨かもしれません。

ただ2013~2014年の仮想通貨の黎明期にモナコインを立ち上げていることから、ビットコインの掲げる、自由で何者にも支配されない通貨という理念に共感して作られた通貨ということはいえるでしょう。ですから開発者が主体となるのではなく、 投げ銭やユーザーによるアプリ開発などコミュニティを主体として発展することを目指しているようです。

特徴2 世界で初めてSegwitを導入!

モナコインは世界で初めてSegwitという技術を導入しました。Segwitとは、一度に大量の送金が起こったときに送金詰まりを起こしてしまうというブロックチェーンの問題を解決するための技術です。1取引あたりのデータ量を圧縮し1ブロックに収められる取引数を増やすことで、ブロックチェーンの処理能力を向上させるというものです。

ビットコインやライトコインといったメジャーな通貨に先駆けてこのSegwitをモナコインは導入しています。モナコインは技術的に非常に優れている通貨といえるでしょう。

特徴3 モナコイン (MonaCoin/MONA) は送金スピードが速い!

モナコインのブロック生成速度は1.5分です。ビットコインのブロック生成速度は10分ですので、 ビットコインよりも送金スピードは速いです。

特徴4 アトミックスワップの導入でモナコイン (MonaCoin/MONA) をかんたん送金・受け取り

2018年1月、モナコインはアトミックスワップのテストに成功しています。 アトミックスワップとは異なる仮想通貨同士を仮想通貨取引所を通さず個人間で交換できるしくみのこと。テストではビットコインとの交換に成功しました。このニュースを受けてモナコインの価格は大きく上昇しました。

特徴5 モナコイン (MonaCoin/MONA) を中心としたコミュニティが熱い!

モナコインはファンが多く、コミュニティ活動が非常に活発です。代表的なサイトはAsk Monaという掲示板サイトで、投稿するとモナコインをもらったり投稿者にモナコインをあげたりできます。

またモナコインは投機としてではなく、活用することが中心となっている珍しい通貨といえるかもしれません。2019年9月にサービスを停止するtipmonaというサービスはツイッター上でモナコインを送付できるサービスです。ユーザーは盛んにモナコインを「 投げ銭 」し、贈り合っています。

もともとコミュニティから発生した仮想通貨ですので、コミュニティを中心として活用が進んでいます。

特徴6 モナコイン (MonaCoin/MONA) を使えるお店が多い!

モナコインを支持する人々によって、モナコインを決済に使うお店も増えています。

たとえば愛媛県にある、モナコインとBTC-Lightning決済に対応した文具屋「モナ文具」です。コミックマーケットの一部のサークルにおいても、モナコイン払いに対応しているようです。

特徴7 ライトコイン (Litecoin/LTC) をベースに作られている!

モナコインはライトコインをベースにして作られています。

ライトコインは時価総額第4位の仮想通貨で、特に欧米で決済用通貨として普及が進んでいます。しっかりとした通貨をベースとしていますので、モナコインは安全性が高いといえるでしょう。

モナコイン (MonaCoin/MONA) のマイニング

モナコインはコンセンサスアルゴリズムにPoWを採用しています。マイニングするには他のコンピュータと同等、または演算能力の高いコンピューターを用意して参加する必要があります。

vippool」というモナコイン専用のマイニングプールがありますので、このプールに登録して複数人の参加者と協力しながらマイニング報酬をもらうことも可能です。

モナコイン (MonaCoin/MONA) は将来性がある?それともない?

実用性が非常に高い!

モナコインは支払い通貨として実用性が非常に高いです。支払い通貨として使えるお店も増えていますし、日本発祥の通貨ということで支持する人も多くコミュニティも盤石です。

LINEが運営する取引所BITBOXへの上場

コミュニケーションアプリを提供するLINEが運営する仮想通貨取引所BITBOXでモナコインが取り扱われています。取り扱う取引所が増えていることは、モナコインが人気があり、信頼性が高い通貨であることを示しています。ただしBITBOXは国外向けの取引所のため、残念ながら日本国内からはアクセスできません。

ライブ配信サービスの「ツイキャス」にて配信可能

2018年4月、ライブ配信サービス「 ツイキャス 」がモナコインと提携しました。視聴者はライブの配信主に対してアイテムをプレゼントできるのですが、そのプレゼントの1つにモナコインが追加されました。ツイキャスを通じてモナコインの知名度が上がることが期待できます。ツイキャスのユーザー2500万人に対してモナコインをアピールできるでしょう。

モナコイン (MonaCoin/MONA) の価格とチャート分析

モナコインの過去のチャートと出来事を振り返ってみましょう。

モナコイン (MonaCoin/MONA) の現在のチャート

2019年7月現在、モナコインの価格は215円程度に落ち着いています。

モナコイン(MonaCoin/MONA) の過去のチャートと歴史

Segwitの搭載で価格が上昇 (2017年4月)

モナコイン (MonaCoin/MONA) の価格とチャート分析
※2017年3月20日~4月20日までのチャート

モナコインは2017年4月16日にSegwitに対応しました。発表は2ちゃんねる内の掲示板で行われました。Segwitへの対応についての期待で実装数日前から徐々に価格が上昇しています。4月上旬の価格と4月20日ごろの価格を比べると+220%と大きく価格が上昇していることがわかります。

account_arrow_min

半減期で再び価格が上昇 (2017年7月)

モナコイン (MonaCoin/MONA) の価格とチャート分析
※2017年6月1日~8月31日までのチャート

2017年7月16日、モナコインは半減期を迎えました。半減期とはマイニング報酬が従来の報酬の半分になるタイミングのことで、多くの通貨が半減期を迎える前後で価格上昇しています。モナコインの場合は半減期を迎える2週間ほど前の7月1日に100円台をマークしましたが、その後価格は下落しました。

account_arrow_min

bitFlyer (ビットフライヤー)での上場で高騰 (2017年10月)

モナコイン (MonaCoin/MONA) の過去のチャートと歴史
※2017年10月1日~31日までのチャート

2017年10月2日、大手仮想通貨取引所bitFlyerがモナコインの取り扱いを開始しました。取り扱い開始直後の値動きはほとんどありませんでしたが、10月中旬に+770%と大暴騰しています。

account_arrow_min

一時2400円台に!価格上昇の理由は? (2017年12月)

モナコイン (MonaCoin/MONA) の過去のチャートと歴史
※2017年11月1日~12月31日までのチャート

モナコインは2017年11月下旬から12月上旬にかけて大きく価格を伸ばし、一時2,400円台を記録しました。bitFlyerのアメリカ向けの取引所bitFlyer USAの公式ツイッターが11月28日に重大発表を行うとツイートし、アメリカでのサービス開始予告という見方が強まったことが影響しています。bitFlyerが取り扱うモナコインも上場するのではという見方が出てモナコインは暴騰しました。

ただ実際にbitFlyerUSAにモナコインが上場することはなく、12月6日をピークに徐々に価格が下がり始めました。

account_arrow_min

モナコイン (MonaCoin/MONA) は一気に急降下!チャートから見る暴落理由(2018年1月)

モナコイン (MonaCoin/MONA) の過去のチャートと歴史
※2018年1月1日~31日までのチャート

2018年1月のモナコインはどんどん価格を減少させていっています。1月のひと月だけでマイナス50%もの価格が減少しました。他の通貨も同じように下落しており、 加熱しすぎた仮想通貨市場のバブルが弾けて、一気に価格が下落していきました。

account_arrow_min

モナコイン (MonaCoin/MONA) の約3倍の価格上昇! (2018年12月の年末)

モナコイン (MonaCoin/MONA) の過去のチャートと歴史

2018年を通じてほとんどの通貨は下落相場でした。しかし モナコインは2018年12月に価格を上昇させています。12月17日~19日にかけて+130%の高騰を見せています。ただこのときは特にファンダメンタル的な要素は確認されていません。

account_arrow_min

Coincheck (コインチェック) が取り扱いを開始したことで高騰

 モナコイン (MonaCoin/MONA) の価格とチャート分析
※2019年4月17日~7月17日までのチャート

2019年に入ってから、モナコインは2度急騰しています。1つめは2018年10月にハッキングを受けて停止していたZaifが、モナコインの取引を再開すると発表した4月19日ごろ。20日~22日にかけて+92%の暴騰となりました。

2つ目の急騰ポイントはCoincheckがモナコインを取り扱うと発表した5月31日ごろです。実際に取り扱いが開始された6月5日までに、一時+250%高を記録しました。

モナコイン (MonaCoin/MONA) の価格は上がるの?将来の儲けのタイミングを分析

大手取引所に上場

仮想通貨の価格が上昇するポイントは、大手の仮想通貨取引所へ上場するタイミングです。実際Coincheckが取り扱いを開始を発表した2019年5月に、モナコインは3倍近く価格を上昇させています。日本の取引所でまだモナコインを取り扱っていない取引所は多いので、期待しながら待つとよいでしょう。

モナコインを取り扱いしていない国内取引所は次のとおりです。

  • BITPoint
  • DMM Bitcoin
  • GMOコイン
  • Liquid by Quoine

コミケでの主流通貨になる

モナコインはコミュニティ性が非常に強いという特徴があります。普通の支払い通貨として普及させるよりも、よりマニアックな分野、コミュニティが強い分野で普及させることが鍵となるかもしれません。たとえばコミックマーケットです。通称コミケと呼ばれるコミックマーケットとは、同人誌の即売会です。経済効果は180億円とも言われるオタクの祭典です。

コミュニティ性が強いコミケでモナコイン支払いを普及させることで、モナコインの知名度が一般に広がるきっかけとなるかもしれません。実際仮想通貨払いに対応するとお釣りを用意しなくてよくなるので、利便性も向上するはずです。

モナコイン (MonaCoin/MONA) を購入できるおすすめ取引所は?

Coincheck (コインチェック)

取引量・ユーザー数ともに国内最大手の仮想通貨取引所
  • 初心者ユーザーに人気No.1!
  • 使いやすいシンプルなスマホアプリ!
  • 取扱通貨は日本最多の10種類!

国内最多の10種類の仮想通貨を取り扱っているのがCoincheckです。販売所形式なので、初心者の方でもかんたんに購入できることが特徴です。

bitbank (ビットバンク)

bitbankでは板取引形式でモナコインを購入できます。メイカー手数料はマイナスなので、リベートをもらいながら購入できるでしょう。

まとめ

Coincheckへの上場により、大きく価格が上場したモナコイン。コミュニティへの普及によってその将来性は大きく変わります。日本発祥の通貨ということで根強いファンが多いため、決済用通貨としての用途が広がっていくかもしれません。