取引所人気ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
圧倒的知名度と信頼感!仮想通貨を始めるなら安心度No,1のGMOコイン
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
この記事のポイント
  • Nano Walletが自分のPCで管理することができるデスクトップウォレットの一種
  • 仮想通貨NEMの安全な保管や、ウォレットファイルのバックアップを作成して復元することも可能
  • ハーベストを利用すれば不労所得を得ることができる

仮想通貨は積極的にニュースで取り上げられるようになり、世間的な知名度が広まるようになりました。そして仮想通貨を保管するためにはウォレットが必要ですが、ウォレットの種類は豊富です。

世界的に仮想通貨が普及すれば、ウォレットの利用者数も増えていくでしょう。
Nano Walletも例外ではなく、Nano Walletの普及も期待されています。

そもそもウォレットアプリとは?

ウォレットとは仮想通貨を保管するための金庫や、支払いで利用するときに扱う財布の役割を持ちます。

取引所で購入した仮想通貨はそのまま放置してはいけません。購入したら、すぐにウォレットに移すことが大事です。

仮に取引所がハッキングされて、預けていた仮想通貨が盗難の被害に遭っても自己責任になります。
2018年の1月に起きたCoincheckのネム流出事件ではユーザーの返金保証がされましたが、自分の資産は自分で守る意識を持つべきです。

PCアプリ

自分が使っているコンピューターにインストールをすることで、利用することができるウォレットを「デスクトップウォレット」と呼びます。誰でもインストールをすることが可能で、セキュリティに優れていることが大きな利点です。

種類によってはインストールをするために設定を整えなければいけません。Nano Walletもその一つですが、下記でその手順を説明させていただきます。

多額の仮想通貨を保管したい場合は、PCアプリを利用しましょう。また、何らかのトラブルによってPCが利用できなくなると、ウォレットに保管した仮想通貨も利用不可になります。そのため、PCのウイルス対策とウォレットのバックアップはきちんと準備するべきです。

▶ 『デスクトップウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

スマホアプリ

スマホアプリでも仮想通貨のウォレットを利用することができます。これは一般的に「モバイルウォレット」と呼ばれています。

iPhoneやAndroidにアプリをダウンロードすることによって、仮想通貨の決済に対応するお店での利用もできます。QRコードをかざすことで支払えるので、持ち運びをしやすいことが大きなメリットです。

もちろん、スマホを紛失しないように気を付けるべきですし、また多額の仮想通貨を保管することはオススメできません。日常の買い物で利用したい分だけ、スマホアプリで保管してみましょう。

▶ 『モバイルウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Nano Wallet (ナノウォレット) の概要

ネムが日本でも注目されるようになって、ZaifやDMM Bitcoinなど上場する取引所が増えています。ネムを開発したNEM財団によって作られたウォレットがNano Walletです。ネムと、ネムのトークンであるモザイクの保管に対応しています。

Windows、Mac、Linuxなど幅広いOSで利用することができますし、PCとスマホのどちらでもアプリをインストールすることができます。
ネムで決済や募金のサービスを利用するにはNano Walletが必須です。

資産として扱うのであればPC版を、日常でサービスを受けるのであればスマホ版に、ネムを保管しましょう。

ネム (XEM/NEM)の特徴

ネムとは「New Economy Movement」の略称であり、新しい経済運動を目指して作られた仮想通貨です。金銭の自由・分散・平等の3つをコンセプトにしており、ネムの環境でやり取りされる通貨はゼム(XEM)とも呼ばれます。しかし、ネムの呼称が有名になりました。

そしてネムは決済時間がわずか1分であることも大きな利点であり、ビットコインの10倍もの速さを誇ります。決済が迅速であるほど、それだけ便利になることでもあるので、ネムの今後は期待されています。

アポスティーユ(公証)

ネムはアポスティーユと呼ばれるシステムも支持されています。アポスティーユとは公証機能のことであり、公文書の正当性を証明することを意味します。

官公署、あるいは自治体などから公文章を発行してもらい、署名や日づけなどの必要な情報を記入して、さらに外務省の証明が必要です。

しかしNano Walletのアポスティーユを利用すれば、公的な第三者の介入がなくとも、ブロックチェーン上で公証を行うことが可能です。WordやPDFのファイルで利用することができますし、またブロックチェーン上に保管されたからには後づけの改ざんも困難です。アポスティーユ実行時間は一分で、費用も2.0XEM(日本円で約20円)です。

【公証】の意味
1 公式の証拠。
2 行政上、特定の事実または法律関係の存在をおおやけに証明すること。不動産の登記、選挙人名簿への登録など。

参考: goo 辞書

POI (Ploof of Importance)

ネムのブロックチェーンの承認アルゴリズムはPOIです。「Importance」は「重要」を意味し、Nano Wallet保有者は重要度を図るスコアが設定されていて、どれだけ重要な立ち位置にいるかを把握でき、重要度応じた権限が与えられます。

このスコアはネムの保有量だけでなく、ネムを利用した取引の回数によっても決まります。POIのスコアが高くなれば、ハーベストと呼ばれる承認報酬の対象にもなって、自動的にネムが貰えるようになります。

委任ハーベスト

Nano Walletのハーベストとは、10,000XEM以上ものネムを保管することでブロックチェーンをメンテナンスする権利を得て、メンテナンスの報酬としてネムを与えられるシステムです。
このハーベストの権利を得るためには、前述したPOIで高いスコアになる必要があります。

既得バランス

ハーベストの権利を得るためには「既得バランス」が10000XEM以上になる必要があります。

既得バランスの計算方法

保有XEM数 – 保有既得バランス × 10% = 新規既得バランス獲得数


例えば、10001XEMをNano Walletに入れた時、「既得バランス」の増え方は以下のようになります。

既得バランスの増え方(10001XEMを入れた時)
日数保有NEM数保有既得バランス数
1日目10001 XEM1000.1 XEM
2日目10001 XEM1900.19 XEM (1000.1+900.09)
3日目10001 XEM2710.271 XEM (1000.1+900.09+810.081)

Nano Wallet (ナノウォレット) のメリット

Nano Walletはアポスティーユによる文章の公証が簡単に行えることや、ハーベストの報酬が得られるメリットがあります。その他にも、セキュリティ面でも優れていたり、ネムを利用したサービスを受けられることも大きなメリットです。

メリット1 秘密鍵をオフラインで管理できるため安全性が高い

仮想通貨ウォレットには「秘密鍵」と呼ばれる鍵があり、秘密鍵のおかげでウォレットの所有権を証明することができます。Nano Walletではこの秘密鍵をオフラインの環境で管理できる為、安全性が高いです。

秘密鍵があるから、ウォレットから送金することが可能であり、Nano Walletのアクセスができます。銀行口座の暗証番号の重要度に等しい重要度を持つ鍵なので、絶対に奪われてはいけません。

秘密鍵をきちんと管理していれば、PC自体が利用不可能になっても後から復元することができます。秘密鍵の管理を安全に行えることも、Nano Walletのメリットです。

メリット2 ネム(NEM/XEM)特有の様々なサービスが利用可能

ネムの決済に対応している店舗も増えており、募金でネムを集めているプロジェクトも動き出しています。スマホアプリでウォレットをダウンロードしていれば、ネムを買い物や募金で利用できる世の中になっています。

nemcheというサイトではネムを使ったフリーマーケットが行われていて、毎日のようにたくさんのモノとネムがやり取りされています。ネムを利用したサービスが広まれば、Nano Walletが生活に役立つ機会も増えていくでしょう。

メリット3 スマホ用アプリとPC用アプリの連携が可能


Nano Walletのスマホ版アプリに「NEM Wallet」があります。App StoreとGoogle Playの両方でインストールできるだけでなく、PCとスマホで連携させることもできます。連携によって、NEM Walletからでも入金と送金や、ハーベストの状況確認もできるようになります。

インストールしたアプリを開いたら、パスワードを設定しましょう。このパスワードは誰にも見られないようにして、NEM Walletだけのパスワードを作ってください。

Nano Wallet (ナノウォレット) のデメリット

デメリット1 対応通貨の少なさ

Nano Walletはネムとモザイクの保管や決済に特化していますが、2018年8月時点ではネムとモザイクにしか対応していないことがデメリットです。

ビットコインやイーサリアムの普及具合に比べると、ネムはどうしても見劣りするでしょう。

しかしネムを評価する声は多く、将来性に期待してネムをビジネスに取り入れるプロジェクトも増えています。

Nano Wallet (ナノウォレット)の作成方法

まずはネムの公式サイトにアクセスして、ホーム画面の右上にある「MENU」の欄を開きましょう。

メニュー画面の下側にある「Get Wallet」をクリックすれば、Nano Walletをダウンロードするためのページに移動できます。

WINDOWS・MAC・LINUXの3つが選べるので、自分が利用しているOSを選択してみましょう。この記事ではWINDOWSを前提にウォレットを作成していくので、WINDOWSをクリックします。

するとファイルがダウンロードされるので、保存されたNano Walletのアプリケーションをクリックしましょう。

Nano Wallet (ナノウォレット)の始めかた

アプリケーションを開いたら画面右上の端にある「Language」をクリックして、使用する言語を設定しましょう。「Japanese」を選べば日本語に翻訳されます。

アカウントの作成」から使用するウォレットの種類を選んでください。「シンプルウォレット」と「プライベートキーウォレット」の2種類があり、それぞれに特徴があります。ここではシングルウォレットの作成について説明します。

表示される注意書きを確認したら「準備できました」をクリックしましょう。

最初にネットワークの選択画面が表示されたら「Mainnet」を選択してください。

ウォレット名と秘密鍵の設定

次に利用するウォレット名を入力しましょう。

ログインをするためのパスワードも入力したら次に進んでください。このパスワードは自分のネムを守るために必要な鍵なので、複雑に設定することがオススメです。誰にも見られないように、メモを残すことも忘れないでください。

ここからは秘密鍵の作成に入ります。スタートボタンを押してから、マウスをひたすら動かすだけで大丈夫です。数値が100%に達したら、秘密鍵は完成です。

最後にアカウントを安全に利用するための注意事項が表示されます。注意事項を理解したら同意のボタンを押して、ウォレットのバックアップファイルをダウンロードしましょう。

バックアップのファイルをダウンロードしたら次に進んで、秘密鍵のバックアップも作りましょう。「プライベートキーの表示」をクリックすれば表示されるので、こちらの控えも準備してください。

秘密鍵とパスワードバックアップしました」をクリックして、もう一度だけ注意事項が確認されます。自己責任で資産を扱うことを認識したら、アカウントの利用に入ってください。

私は全ての内容を理解し同意しました」をクリックすればアカウントを利用できます。

Nano Wallet (ナノウォレット)をはじめよう

トップ画面に戻ったらログインをしましょう。「ウォレットの選択」から指定したウォレット名を選び、「パスワード」には自分で決めたパスワードを入力しましょう。正常な画面が開けばNano Walletを利用できます。

Nano Wallet (ナノウォレット)の入金方法

実際にNano Walletにネムを入金するためには、まずはネムを上場している仮想通貨取引所のアカウントを作りましょう。DMM BitcoinやHuobi.proなどネムを扱っている取引所は多いですが、手数料が安いZaifの購入がオススメです。

まずはZaifにアクセスをして「取引」のページを開きましょう。チャートの左上には「BTC/JPY」と書かれた欄があり、クリックして「XEM/JPY」を選んでください。

XEM/JPYとは日本円とネムを取引することを意味します。BTCの場合はビットコインによるネムの購入と考えましょう。


Xemを買う」の下には「1XEMの価格(JPY)」と書かれているので、現在のネム価格を入力しましょう。「買いたい量(XEM)」に必要なネムの量を入力すれば、隣の「約定代金(JPY)」に必要な金額が表示されるので、「買い注文」をクリックすればネムが購入できます。

Nano Walletに入金するには「入出金」にアクセスして、ネムのマークを選択しましょう。真ん中の「出金」を選んだら、出金先のアドレスや金額が表示されます。

出金アドレス」にNano Walletのアドレスを入力して、「出金金額」に必要なネムの額を書きましょう。必要であれば「メッセージ」に文章を書いて、一番下の2段階認証トークンには6桁の数値を入力してください。


2段階認証とはセキュリティを強化するためのアプリであり、リアルタイムで変化する6ケタのパスワードを入手できます。iPhoneとAndroidで2段階認証のアプリが用意されているので、取引所のアカウントと2段階認証も提携しましょう。

アカウント」のページから自分のアドレスを確認できます。Nano Walletのアドレスは複雑なので、コピー&ペーストで入力しましょう。

手数料を確認したら「出金」を押しましょう。出金が完了すれば取引所からメールが届くので、Nano Walletにログインして入金されたかを確認してください。

承認済」のページで金額と日時が正しく書かれていれば入金は成功です。

Nano Wallet (ナノウォレット)の送金方法

Nano Walletからネムを送金したい場合は画面上部の「送金」にアクセスしましょう。
取引所と同じように、宛先とネムの金額を入力して、必要であればメッセージも添えてください。メッセージは普通の文章にする「平文」にすることもできれば、暗号化や16進数で送れることも大きな特徴です。
手数料を確認して、最後に自分のNano Walletのパスワードを入力したら送信しましょう。取引所に送金をする場合は、取引所のアドレスを「宛先」に入力してください。

Nano Wallet (ナノウォレット)の同期方法

NEM WalletとNano Walletは同期させることができるので、まずはNEM WalletとNano Walletの二つを準備しましょう。


NEM Walletにログインして「アカウントを追加する」を選びましょう。

QRをスキャンを選んでカメラを開いてください。

そしてNano Walletの「アカウント」から「ウォレットをQRでエクスポート(アンドロイド & iOS)」を選び、Nano Walletで設定したパスワードを入力して「公開」をクリックしましょう。
表示されたQRコードをNEM Walletに読み込ませて、インポートパスワード(Nano Walletのパスワード)を入力すれば連携が完了です。

Nano Wallet (ナノウォレット)の設定方法

Nano Walletで設定を変更したい場合は「サービス」を選択しましょう。
マルチシグの変更やネームスペースの作成から、アポスティーユの作成やアドレス帳の管理もできます。
右端では相場情報をチェックすることも可能です。

Nano Wallet (ナノウォレット)の実践的な利用方法

委任(デリゲート)ハーベストの方法

上記で紹介した委任ハーベストの実施方法を説明します。


10,000XEMの保管が完了したらデリゲートハーベスティング(委任)よりデリゲートアカウント(委任アカウント)管理をクリックしましょう。

デリゲートアカウントの有効化/無効化をクリックして、モード選択で委任有効化(Activate)を選択して、一番下にパスワードを入力して送信をすれば完了です。

時間が経過してリモートステータスが有効になるのを待ちましょう。一度に送金した額が多いほど、早くハーベストを得られます。既得バランスを満たすためのハードルが高いですが、初心者は焦らないで少しずつネムを送金していきましょう。

アポスティーユの方法


Nano Walletにサインインをして、サービスのページから「アポスティーユ(公証機能)」を選びましょう。パスワードと必要なタグを入力して、必要なファイルを選択してください。
保管先はパブリックとプライベートの2種類が選べます。「パブリック」を選択すれば他者からの改ざんは不可能となって、「プライベート、譲渡、アップデート可能」を選択すれば他の誰かと所有権を共有することができます。

選択したファイルを送信することで、上記のような証明書が作成されます。アポスティーユ完了までの流れはとてもシンプルで、迅速かつ割安です。


その後、似たようなファイルを作ってアポスティーユを行っても、オリジナルとは公証アカウントやハッシュ関数が異なります。

データを英数字に変えた値こそがハッシュ関数であり、数値が一つでも異なると全く別のデータとして扱われます。ハッシュ関数が残されていれば、不正なコピーの防止にも役立ちます。

まとめ

Nano Walletは非常に優れたウォレットアプリです。Coincheckのネム流出事件によって価格が暴落しましたが、ネム自体は非常に優れた仮想通貨です。

Nano Walletも セキュリティが充実しており、ハーベストによる 不労所得を得られることは大きなメリットです。

無理のないペースでネムを送金しながら、Nano Walletの機能を使いこなしましょう。

▶ 『仮想通貨のウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。