大手仮想通貨取引所のビットフライヤーを運営するビットフライヤー・ホールディングスは24日、完全子会社となるbitFlyer Blockchain(ビットフライヤー・ブロックチェーン)を設立したと発表した。また同時に、ビットフライヤー・ホールディングスの取締役であった加納裕三氏は同社の取締役を退任し、新会社の代表取締役に就任したことが明らかとなった。

同社は、今後、市場の拡大が見込めるブロックチェーン事業の更なる強化を図るため、グループにおいて新会社を設立することで、事業成長をさらに加速することを目的とするとしている。新たに設立するビットフライヤー・ブロックチェーンでは、ブロックチェーン技術を活用したサービスの企画・設計・開発及び運営管理、Webサービス及びアプリケーションの企画・設計・開発及び運営管理を行うようだ。

加納裕三氏は、自身のブログで「Satoshiが発明したビットコインに魅了され、日本の仮想通貨(暗号資産)業界の黎明期から規制の議論や業界の発展について皆様と共に歩んで来られたことを本当に嬉しく思う」と述べると同時に、今後について「ブロックチェーン技術を応用した新たな市場を創出できるよう、関係各所の皆さまのご指導を頂きながら努力していきたい」とコメントしている。

配信元:
仮想通貨・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
圧倒的知名度と信頼感!仮想通貨を始めるなら安心度No,1のGMOコイン
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る