仮想通貨取引所マーキュリーを運営するセレスの株価は26日、一時前日比5%高となる2131円まで上昇した。仮想通貨ビットコイン(BTC)の価格が急騰していることが背景とみられている。

同日、ビットコインは続伸し、一時13573.81ドルと、昨年1月来の高値を更新した。急伸の理由としては、フェイスブックによる仮想通貨市市場への参加、低金利、ヘッジファンドによるショートカバーなどが指摘されている。

同社以外にも、取引所のコインチェックの親会社であるマネックスグループ、取引所ビットポイントジャパンを運営するリミックスポイント、テックビューロのZaif事業を譲り受けたフィスコ仮想通貨取引所をグループに持つフィスコなどが上昇した。

配信元:
仮想通貨・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
圧倒的知名度と信頼感!仮想通貨を始めるなら安心度No,1のGMOコイン
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る