楽天グループの連結子会社で暗号資産(仮想通貨)交換業を運営する楽天ウォレットは19日、本日8月19日より仮想通貨の現物取引サービスを開始したと発表した。同サービスでは、スマートフォンアプリを配信し、アプリ上で仮想通貨の現物取引を行うことができるようだ。

同スマートフォンアプリでは、24時間365日、仮想通貨の購入・売却や仮想通貨取引口座への法定通貨の入出金、仮想通貨の入出庫などの手続きを行うことができる。また、「楽天ウォレット」に預託している資産の確認、リアルタイムでのチャート・レートの確認など、仮想通貨の運用において便利な機能を多数備えているという。

取り扱う仮想通貨は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)の3種類。口座開設や口座管理、仮想通貨の購入・売却、入金の手数料は無料のようだ。セキュリティ対策として、顧客資産はコールドウォレット(インターネットと接続せずに仮想通貨を保管するウォレット)で管理し、不正利用を防ぐため二段階認証を採用するとしている。

配信元:
仮想通貨・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
圧倒的知名度と信頼感!仮想通貨を始めるなら安心度No,1のGMOコイン
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る