仮想通貨のライトコイン(LTC)が5日の午後7時頃に半減期の実行ブロックとなる1680000に到達し、半減期((マイナーに対するマイニング報酬額が半減する、つまりは新規発行の度合いも半減するタイミング)が実行された。

ライトコインの半減期は4年ぶり、2度目となり、マイニング報酬が25LTCから12.5LTCに半減された。

今回の半減期を経て、平均データからの概算では日間では約7,200LTC(7200万円相当)、年間では約2,628,000LTC(262.8億円相当)新規発行通貨量が減少する予定だ。

ライトコインの半減期は840,000ブロックごとに実行されるため、次回の半減期は1458日語(4年後)の2023年8月2日を予定している。

(記事提供:コインポスト)
CoinPost(コインポスト)は、日本最大級の仮想通貨・ブロックチェーン総合情報メディアサイトです。国内外の情報を迅速に捉え、考察も含めたオリジナル記事を配信しています。

配信元:
仮想通貨・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
圧倒的知名度と信頼感!仮想通貨を始めるなら安心度No,1のGMOコイン
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る