フェイスブックによる独自の暗号資産(仮想通貨)「リブラ」発行計画について、もしも実行に移される場合にはアンチ・マネーロンダリング(資金洗浄)やテロ資金供与対策に則った厳格な基準を満たす必要があると米財務省高官が発言した。ロイターが報じた。

リブラのプロジェクトを管理するリブラ・アソシエーションはスイスを拠点としているが、リブラも含めて、米国で全てもしくは重要な部分を運営する仮想通貨プロジェクトは全て、米国の規制基準を満たす必要があるとしている。この基準は、リブラだけでなくビットコイン、イーサリアムなどいずれの仮想通貨を扱う企業においても同様だという見解だ。

米財務省はすでにスイス政府関係者や国際決済銀行、国際金融機関などとリブラを含む仮想通貨について議論を進めており、スイスの金融市場監督機構であるFINMAとも適切なマネーロンダリング防止措置の適用と違反する企業への執行措置実施について話し合いを設けると見られている。

配信元:
仮想通貨・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
圧倒的知名度と信頼感!仮想通貨を始めるなら安心度No,1のGMOコイン
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る