2020年10月5日、大手仮想通貨サービス比較サイト – Cryptowisserは、そのCrypto exchange graveyardを発表し、今年閉鎖された多くの取引所をリストアップし、競争の激しい仮想通貨業界の解説を行った。

Cryptowisserは昨年と比較して、突然閉鎖した仮想通貨取引所は56%増加したと報告した。一般的に仮想通貨業界は成長しつづけている分野であると見られているが、仮想通貨取引所業界は競争相手も多い中で規制とも戦っている。

仮想通貨取引所は自ら取引所を閉鎖したり、ハッキング・詐欺を受けたり、政府による規制によって姿を消すことが多い。詐欺やハッキングによる消滅は理解できるが、今までわからなかった自主的な閉鎖や政府による閉鎖、そして謎の消滅についても解説していく。

仮想通貨取引所の閉鎖の理由1 多くの競合他社

Cryptowisserは、 中央集権的な暗号取引所が消える原因に取引所が飽和状態であることがあげられる。その競合している取引所は主に3つのグループにわけることができ分散型取引所、デリバティブ取引所、非暗号代替品がある。

分散型取引所 (DEX)

DEXは通常サーバーを世界中に分散させているためハッカーの攻撃を受けにくく、手数料も安く (場合によっては手数料がゼロになることもある) より多くの取引量が処理できる。DEXはより多くの取引量を扱うことができ、集中型の暗号取引所よりも魅力的であることが多い。

デリバティブ取引所

成長が著しい取引所であるもう1つのグループはデリバティブ取引所といわれるものだ。 デリバティブは、別の資産 (通常は株式、債券、商品など) の値に基づいて価格設定されていることが特徴として知られる。仮想通貨の世界では、デリバティブは特定の仮想通貨 (最も頻繁に用いられるのはビットコイン) からその値を導きだしている。

特定の中央集権的取引所に不利益は考えにくいが、デリバティブ取引所が市場に強くなってきていることは明らかである。

非暗号代替品

仮想通貨がますますユーザーフレンドリーになり、技術的専門性が薄れてきているため、非仮想通貨の代替手段も増えてきている

現在のところ、中央集権型取引所がこれらの代替手段によって失ったユーザーの数を示す決定的なデータはないが、中央集権型取引所が大量に消滅したことの一因となっていると考えられる。

仮想通貨取引所の閉鎖の理由2 仮想通貨業界に対しての規制

業界が成長すればするほど規制の必要性も高まるが、新しい取引所の存続は難しくなる

オランダの取引所NLexchは数週間前 (2020年9月1日) に閉鎖を余儀なくされたが、その理由について次のように説明している。

De Nederlandsche Bank NB (オランダ中央銀行) は、すべての仮想通貨事業者に対して銀行への登録を要求した。登録は義務とみなされており、それに従わない事業者は国内での事業を閉鎖せざるを得ない。登録にかかる手数料は非常に高額だ。必要なレベルのセキュリティ、サポート、技術を提供するためのコストを負うのは経済的に不可能だ。

大手の老舗企業がNLexchのような取引所の存続を妨げることはこれからも起こると考えられる。

新しい取引所が生き残るには

新しい中央集権型取引所が繁栄するためには、現在の市場にはないオリジナリティを持つ必要がある。取引所を立ち上げれば利益があがる時代は終わると予想される。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る