LINEが暗号資産のレンディングサービス開始

LINEは日本で人気のあるメッセージングアプリで、日本でのユーザー数は8000万人を超えている。

韓国のインターネット検索エンジン「NAVER」の東京子会社であるLINE Corp.は、日本の金融監視機関である金融庁の認可を受けて昨年、暗号取引所「BITMAX」を開設し、メッセージングアプリのユーザーに取引サービスを提供している。またLINEは8月に、暗号資産ウォレットとブロックチェーン開発プラットフォームの提供を開始した。

LINEのブロックチェーン事業部門であり、暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するLVCは、ビットコイン (Bitcoin/BTC)やイーサリアム (Etherium/ETH)などの暗号資産を取引所「BITMAX」に貸し出すサービスを開始すると発表した。貸し手はその見返りとして、銀行のローンの利息のようなレンタル料を受け取ることができる。

同社は10月7日から10月30日までの間に、ユーザーがレンディングサービスから貸借料率が年率10%になるキャンペーンを実施すると発表している。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る