トレーダー紹介

・Mati Greenspan
・Alessio Rastani
・Davinci Jeremie
・Hans HODL

はじめに

ビットコインチャート

9月のビットコインは、高値が約1,277,000円、安値が約1,046,000円と変化の大きい月でしたが、今月は逆の動きが見られているようです。BTC/JPYが20日EMAを抜け、1,150,000円を超える価格がサポートラインとなった場合、更なる利益の可能性が大幅に高まったことを意味するかもしれません。

CoinGeckoによると、ビットコインは過去24時間に約1,133,000円で取引されている。BTC/JPYは、先週の損失をほぼ取り戻した後、現在は20日EMAに近づいている。

さらに、少なくとも当面の間は、市場に買い手が戻り、相場を支配しているようだ。以下で述べるように、一部のトレーダーは、トランプ大統領の回復が市場を刺激すると予想している。またそれだけでなく、BTC/USDの値動きは比較的強気のサインを点滅させている。

ただし、最悪のシナリオでは、BTC/JPYがさらに下落する可能性がある。その場合は、50日EMAに近いサポートラインが目線となるだろう。ビットコインがその水準を維持できない場合は、出来高プロファイルの可視範囲(画像左)で非常に目立っている200日EMAの付近の強いサポートラインが次の目線だ。このサポートは、ビットコインの価格を1,050,000円以上に保つのに役立つと予想される。

現在、BTC/JPYが20日EMAの付近に形成されたレジスタンスラインを抜ける必要がある。先述の通り、今後数日間の注目水準は115万円だ。

暗号資産(仮想通貨)トレーダー・アナリストの見解

トレーダーたちの見解を見ていこう。

Quantum Economicsの創設者であるマティ・グリーンスパン氏が、いくつかの興味深い考えを共有していたので、紹介する。

bitFlyerのチャートを見ると、トランプ大統領が新型コロナウイルスに感染したとのニュースでは、ビットコインの価格は1%程度しか下落しなかった。 言い換えれば、ビットコインはすぐに反発し、今や11,000ドルレベルに向かって新たな上昇を始めているとも言えるかもしれない。

グリーンスパン氏も 米国証券取引委員会のジェイ・クレイトン委員長が株式がトークン化される可能性について述べたいくつかの重要なニュースを共有しました。

上記の議論を見ることを強くお勧めします。なぜなら、この議論は他ならぬ米国通貨監督庁の代表を務めるブライアン・ブルックス氏によるものだからです。

有名な投資家でトレーダーのアレッシオ・ラスターニ氏が、とてもエキサイティングなビデオを共有している。

ラスターニ氏は、BTC/JPYがエリオット波動理論の第2波を追っているということに対する同氏の見解について言及している。これは、第3波の上昇の波が速いペースで近づいていることを意味する。エリオット波動について詳しく知りたい方はこちら。

非常に簡単に言えば、エリオット波動は上昇傾向にある5つの主要な波動で構成されている。各波にはフラクタルサイクルが含まれているため、5つの主要な波動の中にそれぞれ5つの波動がある。この動きが終わった後、通常、A、B、Cの3つの下降の波がある。これらの波動が完了すると、この周期が繰り返され、価格は再び5波のサイクルに従って上昇するというものだ。

ビットコインはA、B、Cサイクルの下降3波の前に、さらなる上昇2波のサイクルを経験するとラスターニ氏は述べている。これは、BTC/JPYが短期的に成長する余地が十分にあることを意味する。

またPandora’s walletの創設者であり、評判の高いトレーダーであるダヴィンチ・ジェレミー氏が、最近いくつかの興味深いなコメントを残しているので紹介する。

同氏はBTC/USDが16ヶ月以内に120万ドルに達すると予想しているというツイートへ反応しており、ビットコインは2022年初頭に100万米ドルを超えて取引されるとの予想をコメントしている。

CoinGeckoのデータによると、本記事の執筆時点では、BTC/USDは10,750ドル近くで取引されていた。つまり、このような価格に達した場合、価格は112倍になります。

ジェレミー氏がこんなに早い段階で信じられないような価格を予測する理由は定かではない。おそらく彼は、米ドルの価値を押し下げるいくつかの金銭的な問題を予想しているのではないかと思われる。

重大な問題と言えば、米国の公的債務総額は一線を越え、これらの問題の一つとなったようだ。

IkigaiFundの量的戦略の責任者であるHansHODL (@hansthered) 氏は、この問題に関して非常に興味深いツイートを行った。

同氏は、どのようにして米国の公的債務が国内総生産 (GDP) よりも速いペースで成長しているかについて言及している。借金が増えると、将来返済する際に家族や企業の負担が増えるため、これは経済にとって素晴らしいニュースとは言い難い。

HansHODL氏は、ビットコインのインフレ緩和に役立つ特性に注目している。その理由としてはまず、通貨単位の供給が限られている場合、公的債務を増やすのがはるかに難しいからだ。そして新しい通貨単位を印刷するのには費用がかかるためだ。

おそらく、その根拠としては、借金が多ければ多いほど、ビットコインの価値が高くなるということだ。もちろん、その答えは時が経たなければ分からない。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) 価格予測

チャート

先に述べたように、ビットコインは新しい短期トレンドに入っているようです。ほとんどのトレーダーとアナリストは、デジタル通貨の値動きに関して、短期と長期の両方で強気の予測を行っている。

これからの24時間以内に、ビットコインは安値1,123,000円から高値1,165,000円の間で取引されると私たちは予想している。

先週、すべての兆候が下降トレンドの勢いが続く可能性があることを示していたため、暗号通貨について私たちはきわめて弱気だった。しかし、最近の価格上昇の動きにより、市場は再び非常に強気になったのだ。

そして、よく言われるように市場と戦うのではなく、ただ市場に身を任せるのが重要だ。

BTC/JPYが20日EMAを抜け、その水準を超えるサポートラインを見つける可能性が大幅に高まったと考えられる。

1,115,000円から1,137,000円の間、または20日から50日のEMAの間がビットコインの強いサポートラインとなることが予想され、ビットコインの24時間最高値が1,165,000円を上回ることはないと私たちは考えている。

ビットコインがこのレジスタンスゾーンを抜けるのに苦労するかもしれないため、注目すべき重要なラインが1,150,000円であることを覚えておきたいところだ。

免責事項

・暗号資産の取引はリスクを伴うビジネスです。暗号資産市場は非常に変動が激しく、流動性が低いことがよくあります。
・レバレッジ取引は利益を増やすための効果的な方法ですが、それにより各取引におけるリスクが増えます。
・レバレッジが追加されるほど、潜在的な利益と損失が高くなります。
・リスクをとる覚悟があればあるほど、報酬を得る可能性が大きくなることがあります。

account_arrow_min

いま世界で最も勢いのある注目の取引所!高レバレッジとボーナスも魅力的!
  • 日本語に完全対応!
  • シンプルなUIでスムーズに取引できる
  • アプリが使いやすい!
配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る