最近のビットコインの価格の動きは、投資家に中期的な見通しについての衝撃を与えることはほとんどなかった。ビットコインは、10,200ドルから11,200ドルの間で、長年取引されてきた価格の下限と上限の間で取引されている。

その勢いのなさが市場心理に深刻な打撃を与えており、多くの投資家やアナリストはビットコインの急激な下落につながると予想している。

このような弱気な見方にもかかわらず、あるアナリストは仮想通貨はファンダメンタルズの観点から見ても、これ以上強くなることはないと説明し、価格が基礎的な強さの指標として遅れをとっていると考えていると付け加えている。

彼は、オンチェーンの指標がビットコインが完全に「ムーンモード (月に届きそうなくらい価格が上昇すること) 」に入っていることを示しているのに対し、価格は弱気のままであることを指摘している。

このように、彼は、大幅な上昇トレンドがすぐそこまで来ている可能性があり、2021年には市場がその強さを強く意識するようになるだろうと考えている。

ビットコインの取引所残高が急落、「非常にマクロな強気」の兆し

ビットコインのボラティリティが低下しているのは、規制されていないデリバティブプラットフォームに対するCFTCの取り締まりを受けて、トレーダーがBitMEXのようなプラットフォームの利用をあまり好まなくなっていること、取引所に存在するビットコインのスポットが不足していることが合わさって起因する可能性がある。

これらの要因が仮想通貨のボラティリティに顕著な影響を与えており、ここ数週間で大きく下落している。

著名なオンチェーンアナリストであるウィリー・ウー氏は、取引所のビットコイン残高が大幅に減少していることは、「非常にマクロ的な強気の兆候」であり、上昇が差し迫っている可能性があることを示していると説明している。

スポット取引所のコインが下落した場合、それは新たな買い手が市場からコインを買い、冷蔵HODLに移動させるために入ってきていることを示すサインであり、私たちは今、新たなHODL派を見ている。

ビットコインチャート

参考 : @woonomic

2021年はビットコイン (Bitcoin/BTC) の価格がファンダメンタルズ要素に追いつく年になるかもしれない

Woo氏はさらに別のツイートで、ビットコインの価格とそのファンダメンタルズの強さの間にこのような顕著な乖離が見られたのは、今までに数回しか見たことがないことを指摘している。

「これは、私のビットコインのキャリアの中で、ファンダメンタルズ分析の指標ががムーンモードを示しているにもかかわらず、市場がそれに目覚めていない数少ないケースの一つだ。2021年までには市場もムーンモードとなるだろう。これは私が2016年半ば以来見たことのないチャンスだ。」

取引所でのビットコインの残高の少なさと、新規市場参加者からの大規模な買い圧力に基づいて、このファンダメンタルズの強さは、その価格を大幅に高くする可能性がある。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る