デリバティブ取引所の取引高は全体的に減少したが、先日、今年度の最高値を更新した。

英国を拠点とするデータ会社CryptoCompareが発表した最新のレポートによると、Binance (バイナンス) は9月にHuobi (フォビ) とOKEx (オーケーイーエックス) を抜いて、月間1648億ドルの取引高で最大の暗号資産デリバティブ取引所となった。

CryptoCompareは、上位の取引所の取引量を調べ、Binanceが最も近い競合他社であるHuobi(1,563億ドル)、OKEx(1,557億ドル)よりも約80億ドル多い取引量を記録したと判断した。また、BitMEX (ビットメックス)は9月の月間取引高が564億ドルで、4位にランクインした。

この数字を見ると、BitMEXはリーダーがマネーロンダリング防止に失敗したとして起訴され、辞任に追い込まれる前から問題を抱えていたことがわかる。同取引所は、月間の減少額が最も大きく、パーセンテージベースでは30.7%となった。

デリバティブの取引量

参考 : CryptoCompare

Huobi、OKEx、Binanceは9月のデリバティブ取引における取引量の約90%を占めていたが、取引量は前月比17.5%減の6,349億ドルとなった。CryptoCompareによると、FTX (エフティーエックス) は9月に取引量が増加した唯一のデリバティブ取引所で、取引量は12%増の238.9億ドルとなった。

レポートは、デリバティブ取引所の1日の取引量が9月3日に276億ドルの取引量で年間最高を記録したことを強調している。2020年の前回の高値は7月27日の271億ドルだった。

ボリュームチャート

参考 : CryptoCompare

CMEの機関投資家向けオプション取引における取引量は、8月の数字から79.4%増加し、月間取引量は4,872件の取引が行われた。CryptoCompareによると、CMEのビットコイン (Bitcoin / BTC) 先物取引における取引量は、8月に取引された203,867件と比較して1%の減少にとどまり、堅調に推移しているという。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る