Santimentの最新データによると、10月7日のDeFi関連資産の時価総額は25.1%下落し、1日の取引量は30.2%減少した。このデータによると、Sushiのような人気のあるDeFiトークンは、今週中に50.9%下落した後、大きな打撃を受けた。また、Uniswap (ユニスワップ) の新トークンUNIは38.2%下落し、YFIは31.3%下落した。

SantimentのDeFiウォッチリストによると、これらのDeFiトークンの多くはすでに今夏の上昇分の大部分を消し去っている。一方、予想通り、この時価総額の大幅な下落のニュースは、いわゆるDeFiバブルについての現在進行中の議論に拍車をかけている。DeFiの批判者は、詐欺や欠陥のある契約に悩まされてきたこの業界の人気は、トークンの作成者や創設者を豊かにするために作られた誇大広告に過ぎないと主張している。誇大広告が消えれば、トークンの価値は下がり、投資家はさらに損をすることになる。例えば、Santimentのデータが発表される前から、アラン・シルバート氏のようなTwitterユーザーがこの主張を裏付けるデータを発信していた。

しかし、このような批判者の強い主張にもかかわらず、DeFiの支持者は、最近の価値の下落は市場の修正の兆しであり、DeFiにはまだ未来があると主張している。

Xcalibra Exchange(読み方がわかりません。調べても出てきませんでした。)の創設者であるダニエル・ダベック氏は、最近のDeFiの時価総額の低迷についてのコメントの中で、これはコインの量と需要のミスマッチが原因ではないかと考えている。「価格が急上昇するのは、(取引所に入る)コインの量が少ないからです」と彼は述べている。

しかしダベック氏は、DeFiの将来について悲観しているわけではない。

「MKR AAVE ENJ AMPLのようなより確立されたコインはまだよく持ちこたえていますし、最近TRADEが指値注文を導入したことで、いくつかの草コイン(greenを、緑色のコインと訳していたので、草コインに変更しておきましたが、あっていますでしょうか)さえも見られます。この界隈は急速に進化しています。」

ダベック氏と同調しているのは、Tomochain (トモチェーン) の創設者であるロン・ヴォング氏で、「これはおそらくDeFiにおいて最初の重要な修正である」と指摘している。

しかし、ヴォング氏は、「仮想通貨コミュニティが拡大するにつれ、DeFiは、仮想通貨の交換、仮想通貨の担保での借り入れ、およびより多くの新しい仮想通貨プロジェクトの構築の本質的なニーズを満たすように、より使用され、より弾力性のあるものになるだろう」と付け加えている。

一方で、最新の時価総額の下落を受けて、この修正局面が終わったかどうかはいまだ不明だ。しかし、執筆時点でトークンの一部がある程度回復しているように見えることは注目に値する。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る