リップル社の最高技術責任者(CTO)であるDavid Schwartz氏は、2012年に妻と共に、仮想通貨投資のために「リスク軽減計画」を立てていたことが明らかになった。10月11日に公開されたツイートによると、計画の一環として当時4万枚のETHを1枚1ドルで売却していたようだ。

また、同氏はビットコイン (Bitcoin/BTC) を750ドル、リップル (Ripple/XRP) を0.10ドルで大量に売却したことを後悔していると述べた。売却量は明らかにしていない。

Schwartz氏が2012年にリスクを減らす決断をしたのは、経済的にも感情的にも彼を頼りにしている人たちのリスクを減らしたいが故のことだと言う。

「リスクを軽減しながらXRPを推し進めているのは、売り抜け詐欺ではないか。(リップル社のキーマンが) そのようにしているなら、私はXRPを信頼することはできない」と言及したツイッターユーザーに対して、「私は合理的なので、リスクの高い仮想通貨業界において、(仮想通貨は) リスクが高くないとは言えないし、他の人にもそのスタンスを提案はできない」とも同氏は語った。

先週、リップルの共同創業者であり、エグゼクティブチェアマンであるChris Larsen氏が米国からの移転をほのめかしたことも記憶に新しい。同氏は、米国が仮想通貨のノベーションを促進していたにも関わらず、中国、シンガポール、英国に追いつけなかったと批判している。

関連記事 : リップル社が国外移転を検討 | 候補は日本、イギリス、スイス、シンガポール

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る