ベンチャーキャピタリストのTim Draper氏のファンドDraper Goren Holmは、仮想通貨スタートアップに大型投資を集中させている

ロサンゼルスにあるファンドDraper Goren Holmは、新たにベンチャーキャピタルとアクセラレーターを設立するため、2500万ドルを調達した。これらは、より高い投資評価額でブロックチェーン企業に投資をするために設立されたようだ。

先週発表されたこのベンチャーキャピタルは、25万ドルから50万ドルを第一段階として投資し、その後複数回の投資ラウンドに分けて投資する予定だ。一方アクセラレーターは、1万ドルから5万ドルの間で初期投資をし、4%から10%の株式を所有すると同社は述べている。

「我々の利益の大部分は、競争を勝ち抜いた企業が成長していく中で獲得していくものです」と、Draper Goren Holmの共同創業者であるAlon Goren氏は語った。また彼は「企業に投資するための現金がなければ、我々の得られる利益は、非常に小さなものになります」と続けた。

昨年、Tim Draper氏をパートナーに迎えたDraper Goren Holmは、イーサリアムブロックチェーンのモデルを模倣したブロックチェーン「CasperLabs」、テゾスブロックチェーンのセキュリティ・トークン発行会社「Vertalo」、ステーブルコインを開発している「Tezos Stablecoin Technologies」に投資している。

億万長者のTim Draper氏の名を冠したシリコンバレーのベンチャーキャピタル、Draper Fisher Jurvetson (2013年に脱退) は、esla, SpaceX, SolarCity, Hotmail, Skype, Twitter, Twitch, Baidu and Ancestry.comなどの超一流テクノロジー企業に投資してきた。また彼はビットコイン愛好家でもあり、2014年の米国連邦保安局のオークションで政府が押収した3万枚のビットコインを1,900万ドルで落札し、私財を投じて仮想通貨取引所Coinbaseや株取引アプリRobinhoodに投資していることでも知られている。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る