仮想通貨業界のM&Aは、コロナ禍にありながらも、積極的に行われているようだ。PricewaterhouseCoopers (PwC) が木曜日に発表したレポートによると、2020年上半期の業界買収額はすでに2019年通年のそれを上回っている。PwCがM&Aデータ会社MergerMarket、Capital IQ、Crunchbase、Pitchbookから集計したデータによると、2019年通年で125件の案件に4億8,100万ドルが使われたのに対し、2020年上半期は60件の案件に約5億9,700万ドルが使われたという。その中でも、BinanceによるCoinMarketCapの4億ドルの買収は、業界では過去最大級の買収額となっている。今年の買収額は、2018年の総額19億ドルに匹敵する勢いだ。

2019年の平均的な買収額は、2020年の4590万ドルに対し、1920万ドルだった。今年上半期の買収は、取引所や取引インフラによる取引の増加に牽引され、古参の企業が引き続き最も積極的な購入者となっている。

資金調達ラウンド

資金調達案件の平均額も、2019年の480万ドルから、2020年上半期には640万ドルに増加している。

最も注目すべきは、仮想通貨デリバティブ取引所のBakktが3月に3億ドルのシリーズBを調達したことだ。シードラウンドは依然として業界の資金調達案件の大部分を占めており、2019年の案件の57%、2020年上半期の案件の半分を占めている。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る