チェーンリンク (Chainlink / LINK) の価格は、ここ数日から数週間、レンジ相場となっており、買い手も売り手も中期的な見通しを明確に立てることができなくなっている。価格の動きはビットコインと同調しており、過去数ヶ月の間見られてきた独立性を失いつつある。

重要なのは、LINKが11.00ドルのレジスタンスラインを突破するのに十分な買い圧力がないにもかかわらず、各ディップが積極的に吸収されているため、現時点では買い集めの段階に入っているように見えることだ。この傾向は、現在取引されている価格レンジのすぐ下の価格レンジが、前者の価格レンジを押し上げるための強力な動力源となる可能性があり、仮想通貨の短期的な見通しを立てやすくなっている。

あるアナリストは、中期的には14.00ドルへの移動を視野に入れていると指摘している。また、この価格レンジのレジスタンスは非常に大きく、上昇を遅らせる可能性が高いため、この価格帯はショートするのに理想的なレンジである可能性があると付け加えている。

ビットコインの価格は準備段階に入る

本稿執筆時点では、LINKは現在、2%強下落した10.70ドルで取引されている。この価格レンジで過去数日間、取引は行き詰まっていた。ベンチマーク銘柄であるBTCが、ここ数週間、LINKのような主要なアルトコインを導いてきたことを考えると、今後のLINKの価格はBTCに多少依存するかもしれない。この相関関係が続けば、LINKは世界市場内の潜在的な乱高下に大きくさらされる可能性がある。10ドル以下のレンジで確立されたサポートラインは重要であり、価格動向を強化し続けるかもしれない。

LINKが14.00ドルまで価格上昇する可能性がある根拠

あるアナリストは、9.00ドルのレンジは、サポートラインとして維持し続ける可能性が高く、突破された場合14.00ドルへの上昇トレンドの火付け役になる可能性があると説明している。

LINKは現在、今後の市場動向と密接に結びついているので、BTCの短期トレンドを観察することで、LINKが今後どのような動向を見せるのかについて、洞察が得られるだろう。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る