はじめに

チャート

ビットコインの価格はほぼ昨日同様、過去24時間で横ばいとなった。より大幅な下落が予想されていたものの、ビットコインの価格は、1,168,000円前後の強いサポートゾーンまで下落することはなかった。したがって、依然としてビットコインの下落可能背はあり、この週末にかけて2%以上下落するかもしれない。ただし、現在の市場はかなり強気であるため、下落してもすぐに価格を回復させると予想される。

今のところ、ビットコインは20日EMAをほぼ5%上回っており、これは買い手が市場を支配し続けていることを示唆する。さらに、出来高も増加しており、価格が上昇し続けるもう1つの指標となる。

依然としてビットコインが強気である条件は以下の通りだ。

BTC/JPYの上昇に必要な要素
  • BTC/JPYは、20日EMA (赤)、50日EMA (緑)、200日EMA (青)を上回った状態を維持すること。
  • BTC/JPYは現在のレジスタンス価格である1,210,000円近辺を上抜けすること。
  • 売り手よりも多くの買い手が市場に参入し続けること。

トレーダーの見解についての分析

トレーダー : Bob Loukas氏 (起業家、投資家、トレーダー)

Loukas氏は自身の投稿において、いくつかの興味深い点を強調している。まず、彼はビットコインが4年周期で取引されることを予想している。これは、暗号資産が4年以内に底値と天井値を見つけることを意味する。 さらに、現在の市場は底値に達したとの考えを示している。彼が次に起こると考えているのは、2023年より前のどこかの時点で、ビットコインを10,000ドル水準に持っていく急上昇のサイクルである。そして、機関投資家と企業が次の上げ相場シーズンの主な推進力になると予想している。

先週から議論してきたように、現在多くの企業が手元資金の一部をビットコインに割り当てているという事実を発表している。 資金潤沢なプレーヤーがより多く市場に参入すれば、最終的にビットコインの価格が上昇するはずだろう。ビットコインが法定通貨と比較して高い価値を持つためには、法定通貨が購買力を失うか、資本の流入が流出より多い状態がビットコイン市場で起こることだけである。言い換えれば、売り手より買い手が多ければ、価格上昇への圧力がかかることになるということだ。

つまりLoukas氏が指摘しているように、忍耐強く、そして過度にリスクを取らなければうまく相場に乗ることができるだろう。理性よりも感情に支配されないようにすることに心がけることが大事である。

トレーダー : CryptoBull氏 (トレーダー)

トレーダーの間で有名なことわざで、CryptoBull氏の投稿に似たようなものがある。「歴史は同じ通りには繰り返すわけではない。しかし歴史は韻を踏む」

彼はビットコインの価格の歴史について話している。本質的に、彼が上のチャートで示しているのは、ビットコインの半減期に合わせて、ビットコインの価格が大幅に上昇しているように見えるということである。 2016年7月に行われた半減期後、BTC/USDは約630ドルから19,700ドル近くまで成長した。これは価格が3,120%跳ね上がったことになる。

上のチャートを見ると、ビットコインは2016年と同様の方向に進んでいるように見える。さらに、2020年5月にビットコインの三回目の半減期が成功に終わっただけでなく、2017年12月の上値で形成されたレジスタンスラインも突破している。つまり、歴史が韻を踏むならば、2021年から2022年のどこかでBTC/USDが史上最高値に達する可能性があるということだ。

トレーダー : RainDogDance氏 (トレーダー)

RainDogDance氏が共有するチャートでは、ビットコインがトルコリラに対して最近、史上最高値を更新したことがわかる。 トルコリラはこの1年間で、米ドルに対し30%以上下落したので、これはそれほど驚くべきことではない。コモディティ、株式、暗号資産などの資産がトルコリラに対して高く評価されること想定しておく必要があるだろう。

トレーダー : Mr. Anderson氏 (ビットコイン投資家、トレーダー)

Mr. Anderson氏は自身の投稿で、すべての投資家とトレーダーに向けた優れた手法を共有している。まず、常にリスクを管理する必要性である。これは、失ってもいい額以上の金額を投資すべきではないことを意味する。次に彼はトレーダーに自分たちのテクニカル分析を信頼するようにアドバイスしている。他のトレーダーのリスク特性は様々であり、無作為に取引を模範とすることは最適なアプローチではない可能性があるからだ。さらに、アンダーソン氏はトレーダーに自分の取引に対して責任を持つように促している。他人を非難し、損失を次の利益につなげられないことは非生産的である。 すべての取引、特に悪い取引から学ぶことが重要である。

これらを満たし、常に戦略または取引計画を持って取引を行うことで初めて安定して利益を得ることができるのだ。

ビットコイン価格予測・分析

チャート

上のチャートからわかるように、ビットコインは現在、1,200,000円近くで保ち合いとなっている。今週何度も申し上げた通り、これは明らかに強気の兆候である。またビットコインの出来高は増え続けており、より多くの買い手が市場に参入していることがわかる。

週末に悪いニュースが出なければ、BTC/JPYは翌週、高い価格帯に向けて上昇するだろう。また現時点では、上向きまたは下向きの重要な動きを示す明確なサインは見られないため、静観がおすすめだ。

上値として、BTC/JPYが1,237,000円を超えるシナリオは薄いだろう。一方で、ビットコインが昨日のサポートゾーンである1,168,000円を下回るシナリオも薄いと予想する。本質的により高い価格帯に対応するため、前回の投稿から青いボックスを少し拡張している。

可視範囲出来高 (VPVR) は、現在、下向きの差し迫ったサポートよりも上向きのレジスタンスラインをより多く示している。したがって、BTC/JPYは、より高い価格帯へ向けて上昇する前に、数日の間、さらに約1,210,000円で保ち合うか、もしくは少し下落する可能性があるだろう。

免責事項

・暗号資産の取引はリスクを伴うビジネスです。暗号資産市場は非常に変動が激しく、流動性が低いことがよくあります。
・レバレッジ取引は利益を増やすための効果的な方法ですが、それにより各取引におけるリスクが増えます。
・レバレッジが追加されるほど、潜在的な利益と損失可能性が高くなります。
・リスクをとる覚悟があればあるほど、報酬を得る可能性が大きくなることがあります。

account_arrow_min

いま世界で最も勢いのある注目の取引所!高レバレッジとボーナスも魅力的!
  • 日本語に完全対応!
  • シンプルなUIでスムーズに取引できる
  • アプリが使いやすい!
配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る