ハイパーカジュアルモバイルゲーム市場に仮想通貨が登場する。GAMEEは、2,000万人以上の登録ユーザーがいるとされるカジュアルゲームのプラットフォームだ。GAMEEはまもなく、ユーザーがゲームの中で獲得できるイーサリアムベースの独自トークンを提供する予定だ

今年の夏にGAMEEを買収し、仮想通貨ゲームの分野で積極的に活動している親会社のAnimoca Brandsは、本日、年内にGAMEEトークンを発売することを発表した。GAMEEトークンは、エンゲージメントを高める目的や、ゲーム中の競争の報酬として配布されるほか、HTML5ベースのウェブやアプリのゲームプラットフォームでゲームを公開しているクリエイターにも配布予定となっている。

ハイパーカジュアルゲームは近年、モバイルゲームのダウンロード数を席巻しており、モバイル分析会社のSensor Towerによると、2019年の最も人気のある新作モバイルゲーム20タイトルの、総ダウンロード数21億のうち77.6%がこのようなハイパーカジュアル体験に属しているとのことだ。「Fun Race 3D」や「Sand Balls」のようなシンプルなゲームは、何億ものダウンロード数を記録している。

これらのゲームは、非常に中毒性の高いゲームであり、仮想通貨が融合することでさらに中毒性が高まる可能性がある。

GAMEEトークンはERC-20規格のトークンで、予定されている報酬機能以外にも、トーナメント出場料の支払いにも使用でき、ガバナンスの投票にも使用される予定とのこと。また、GAMEEは、ユーザーがGAMEEトークンをGAMEE NFTで消費できるように、サポートされているゲームの追加コンテンツやブーストをアンロックする非可燃性トークンシステムにも取り組んでいる。

GAMEEは80以上のゲームをプラットフォーム上で提供しており、WebブラウザとiOSおよびAndroidアプリでプレイすることができる。プラットフォームの登録ユーザー数は2,000万人を超え、月間4,000万回のプレイセッションが記録されており、ユーザーはウェブサイトとモバイルアプリでほぼ均等に分かれている。またGAMEEは、NASA、カートゥーンネットワーク、マンチェスター・シティ・フットボールクラブなどのブランドとのコラボレーションによるゲームも開発している。

Animoca Brandsは年内にGAMEEトークンを発売して上場させることを目指しており、10月末までに2540万4,000トークンを非公開のプレセールで販売する予定だ。さらに30,528,000個のトークンをGAMEEユーザーに配布し、プロモーション用の景品に使用する予定だ。

さらに、F1デルタタイムやMotoGPなどの仮想通貨ゲームで使用されているAnimoca BrandsのREVVトークンの所有者は、Uniswap (ユニスワップ) でREVV-ETHプールに流動性を提供することで、GAMEEトークンを獲得することができる。このプロモーションは本日から11月12日まで実施されており、参加が早ければ早いほど、より多くの報酬が提供される。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る