ビットコインは、数日前の高値11,750ドルを記録して以来、下落傾向にある。この記事の執筆時点では、BTCは現在11,350ドルで取引されており、高値から3.4%低い。アナリストは、価格が下落したにもかかわらず、楽観的な見方を続けている。正確な推測で有名なあるアナリストによれば、BTCは12,000ドルに到達する準備ができていると述べている。また、BTCは今月末までに年初来高値を更新する可能性があるとも述べている。

テクニカルトレンド

BTCは今月末までに13,000ドルに到達するための準備は整っていると、あるトレーダーが最近述べた。彼は、BTCが現在、価格レンジが上向きに進み、その結果、ABCエリオット波動パターンを形成していることを示唆している下のチャートを共有した。


ファンダメンタルトレンド

ファンダメンタルズのトレンドは、BTCの成長トレンドの支えとなっている。Geminiの共同創業者であるTyler Winklevoss氏は、SquareとMicroStrategyがBTCを購入することで、近い将来、仮想通貨に資本の波が押し寄せてくると考えている。

「最初に、@michael_saylorと公開取引されている@MicroStrategyが4億2500万ドルの#Bitcoinを購入したのは@michael_saylorであった。今日は、@jackand @squareが5,000万ドルのBTCを購入した。今後は、別の先見の明のあるリーダーがどんどん出てくる…津波が来ているのだ」

これは、他の多くのアナリストによって拡散されている。

Gold Bullion Internationalの共同創設者であるDan Tapiero氏は、機関投資家が、マイニングされるよりも多くのBTCを蓄積することで、BICが高騰する可能性があると考えている。これは、資本の純流入があり、価格が上昇することを示唆している。

機関投資家のBTCへの投資ケースは、ここ数ヶ月、数年の間に増加してきた。Fidelity Investmentsの最近のレポートは、BTCへの少額のアロケーションが価格の下落を最小限に抑え、アップサイドを増幅させる方法を共有している。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る