Virgil Griffith氏は昨年11月、北朝鮮で開催された仮想通貨会議で講演し、経済制裁を回避するために技術を使う方法を政府関係者に教えたとして、国際緊急経済大国法 (IEEPA) と行政命令に違反した容疑で逮捕された。これは、仮想通貨が関与する米国の裁判所で初の制裁事件であるため、注目の的となっている。この裁判の判決は、米国が制裁リストに個人や団体を追加し続ける中で、今後起こりうる他の事件の前例となる可能性がある。

Klein氏は「米国大統領には情報伝達を禁止する権限がなく、制裁の実施を監督する財務省の外国資産管理局 (OFAC) は、行政命令で禁止されている『サービス』の定義を明確にするための規則を発行せず、ガイダンスも公表していない」と棄却申し立てを行った。

「政府の主張は、Griffith氏が平壌で開催された仮想通貨会議に出席して講演したことで、北朝鮮にブロックチェーンと仮想通貨技術に関する貴重な情報を提供し、その技術を使って制裁から逃れ、マネーロンダリングを行うための議論に参加したというものである。Griffith氏はあくまでサービスを提供したのだ」

Klein氏によると、Griffith氏はすでに公開されている情報を提供しただけだという。Griffith氏の動きに対する政府の対応に注目が集まっている。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る