Kevin Hart氏がビットコインと仮想通貨は「合法的な投資」とコメント

アメリカのコメディアン、ハリウッド俳優、プロデューサーのKevin Hart氏は今週末、Muscular Dystrophy Association (MDA) と彼の慈善事業「Help From the Hart charity」のために主催したオンライン募金活動の中で、ビットコイン (Bitcoin/BTC) や他の仮想通貨は合法的な投資であると主張した。イベントは2時間以上に及び、Leslie Mann、Josh Gad、Don Cheadle、DJ Khaled、Jack Black、Cindy Crawford、David Beckham、Usain Bolt、Robin Thicke、Adam Devine、Kelly Rowland、Michael B. Jordan、and Bryon Cranstonなど、多くの著名人が参加した。

この長時間のテレソンの最中、電話対応を手伝っていた俳優のJay Ellis氏は、仮想通貨で寄付をすることができるかどうかを尋ねる電話を受けたという。

Ellis氏はHart氏に、「おいケビン、ビットコイン、イーサリアム、それとその他の仮想通貨をやっているかどうか知りたい人がいるんだ」と尋ねた。Hart氏は即座に、「ブードゥー教の金は受け取らない ブードゥー教の金は受け取らない だからもしブードゥー教の金を…」と答えた後、「何?私たちは実際に仮想通貨をやってる?それがほぼ2500億ドルの価値がある合法的な投資だと?」とコメントした

Hart氏のビットコインへの態度は演技で、ブードゥー教についてのコメントは冗談だった。彼はその後、仮想通貨コミュニティは非常に活発と見ており、彼が世界中の聴衆に仮想通貨は合法的な投資であると説明している。

現在、ビットコイン、イーサリアム (Etherium/ETH)、ライトコイン (Litecoin/LTC)、ビットコインキャッシュ (Bitcoin Cash/BCH)、ジーキャッシュ (Zcash/ZEC)、ジェミニドル (Gemini dollar/GUSD)、ベーシックアテンショントークン (Basic Attention Token/BAT)、チェーンリンク (Chain Link/LINK) の、8つの仮想通貨がGiving Blockを通じてMDAによってサポートされている。また、寄付者は追加したい仮想通貨をリクエストすることができる。テレソンは放送中に10,548,454ドルを集めたが、終了後も寄付続いたようだ。同団体は、どのくらい仮想通貨が寄付されたかを明らかにしていない。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る