アナリストは四川省の雨季明けに続いて、ビットコイン (Bitcoin/BTC) の今年2番目のマイナスの難易度調整を予想している。マイニングデータアグリゲーターは、BTCのハッシュレートの低迷を四川省の雨季の終わりに起因するとし、多くのマイナーが他の管轄区域に移行しているようだ。

10月26日、ビットコインマイニングブログHashr8のThomas Heller氏は、前日の雨季の終わりと同時に、ビットコインネットワークから約22/秒(EH/s)のマイニングパワーが流出したと報告した。マイニングに特化したデジタル通貨グループ子会社FoundryのKevin Zhang氏も20EH/sのハッシュレート低下を推定しており、ビットコインのハッシュレートの7日間の平均は132.9EH/sであることを指摘している。

また、Blockchain.comでは、ビットコインのハッシュレートが10月24日の151.1EH/sから翌日の116.3EH/sに低下したことが確認できる。

ハッシュレートチャート

四川省は世界最大のマイニング活動の拠点の一つだ。マイナーは、雨季の間に安価な水力発電を利用するため四川省に集まり、雨季の終わりとともに去っていく。ケンブリッジ大学のビットコイン電力消費量指数 (BECI) の最新データによると、2020年4月時点で同省は、世界のハッシュレートの18.5%を占めており、これは雨季前から2倍に達していることがわかる。

Heller氏は、10月25日の雨季の終了を皮切りに、四川省の多くのマイナーが海外に移転 (特に4月の世界のハッシュ電力の30.1%と7.7%をそれぞれ占めていた新彊省や内モンゴル自治区) に移転しているとの意見をツイートしている。

2018年、中国のマイナーの80%が他の地域から雨季に四川省に移住していると推定されている。2019年12月に発表されたCoinSharesのデータでは、四川省は世界のマイニング活動の54%を占めると推定されている。Heller氏はまた、今週末の次のBTCのマイニング難易度調整で7.4%から8.8%の下落が見られると推定するデータを共有した。もし正確であれば、これは3月の「ブラック・サーズデー」の暴落に続く16%近くの下落に次ぐ、2020年で2番目に大きなマイナス調整をすることになるだろう。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る