仮想通貨取引プラットフォームBitMEXの親会社であるHDRの幹部が、未登録取引の促進やその他の違反行為で告発され、HDRの口座から440,308,400ドルを組織的に略奪したと、民事訴訟が提起された。なお、HDRは、訴訟が提起された時点で告発内容を否定している。原告のBMA LLC、Yaroslav Kolchin、Vitaly Dubinininは、訴訟が進行中でありながら、HDRの資産に対する差押命令を求めた。

被告のHayes、Delo、Reedら3名は、商品先物取引委員会 (CFTC) と司法省 (DOJ) の調査、および民事・刑事告発が間近に迫っていることを認識していていながらも、米国当局からの逃亡の準備をしながら、HDRの口座からBitMEXプラットフォーム上で行われた様々な非道の活動による収益約440,308,400ドルを略奪した。

訴訟では、告発時に当局が押収できる資産の量を減らすために略奪が行われたと主張されている。また、添付された証拠書類では、資金がどのように押収されたかは明記されていなかったが、2019年に告発の可能性があることを知ってから、幹部がBitMEXの利益を流用し始めたと述べられている。

米商品先物取引委員会(CFTC)と司法省が10月1日におこしたこの告発に関して、BitMEXの関係者からはすぐにコメントを得られなかったが、HDR外部の広報担当者はこの疑惑を否定し、「当社は、これらの告発を提起する政府の強引な決定に強く反対し、この疑惑を晴らすべく法廷で争っていくつもりです。スタートアップ企業としての初期の頃から、当社は常に、当時の解釈と利用可能なガイダンスに基づいて、適用される米国の法律を遵守しようと努めてきました。」と述べた。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る