ビットコインは過去数週間にわたって、ほとんどのアルトコインが一貫して損失を出している間に暗号通貨市場で上昇を続けている。この上昇トレンドで、暗号通貨は、過去数日および数週間にわたって強力さを保っていた13,800ドルの抵抗線を越えることができた。

あるアナリストは、現在ベンチマーク暗号通貨のマイナス面が差し迫っていることを示すいくつかの兆候に注目している。彼は、抵抗線を乗り越えようとする試みが何度も失敗したこと、株式市場の弱さ、そして米ドルが主要なサポートレベルに下落したことで、今週ビットコインの売りが引き起こされる可能性があると考えている。

ビットコインは13,800ドルを突破するのに苦労している。この執筆時点で、ビットコインは現在13,820ドルの価格で取引されており、これは、過去数日間に取引されてきた価格とほぼ変わらない。このレベルを越える持続可能なブレイクはまだ公にされておらず、今後数日間でここを上回らないことは厳しい兆しである可能性となる。今週の初めに、ビットコインは14,100ドルまで急上昇したが、その後急落し、現在取引されている価格に落ち着いている。

アナリストによるとこれらの要因は、ビットコインにとってマイナス面が差し迫っていることを示唆している。あるアナリストは、ビットコインについての考えを共有しながら、これがビットコインにとって最悪な週になる可能性があることを示す4つの特定の要因があることを示唆した。

暗号通貨が今後1週間で大幅に減少すると、逆風が発生し、アルトコインも急降下する可能性がある。

「今週末のパンプ(ある通貨に対してポジショントークなどをしてあおり、意図的に価格を釣り上げる行為のこと)に関しての何かが怪しいように感じており、先週の株価の減少、来週初めの選挙、堅実なRRとDXY(ドル指数)が3つの大きな抵抗になると考えている。全体的には依然として強気ではあるが、売り戻しは悪いことではないと思う。しばらく様子を見てみましょう。」

今後数日中に、過去数日間のビットコインの価格の動きにおけるマクロ的な重要性についての見解が得られるはずである。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る