はじめに

ビットコインチャート

ビットコインの価格は、140万円を超える高い価格帯へと上昇を続けた。当記事執筆時点で、ビットコインの価格は金曜日から5%以上の上昇となった。 先週木曜日にビットコインの価格が大幅に下落した後、金曜日は反騰となり、BTC / JPYの土曜日の高値は1,472,000円となり、この価格帯に触れた直後、BTC / JPYは下落を始め、その日の安値は約1,410,000円を上回る価格となった。

CoinGeckoによると、当記事執筆時点で、ビットコインの価格は1,442,000円近くでの取引となった。

さらに、この上記のチャートの左側に表示されている可視範囲出来高(VPVR)を見ると、ビットコインの価格は、1,350,000円から1,380,000の間にある非常に重要なレジスタンスラインの4.5%上にあることがわかる。加えて、取引所に流れているビットコインの量が大幅に減少しているという強気のニュースがたくさん報道されている。さらに、ビットコインの価格は、以下で説明するPlanB氏のストック対フローモデルと比例して変動し続けている。

当面、ビットコインの価格が上記の重要なサポートゾーンを上回っている限り、BTC / JPYが強気の傾向を変えることはないと私たちは予想している。この価格帯の近くには売り手が多いため、今週にかけて1,420,000円付近で小規模な保ち合いとなる。それでも、BTC / JPYはその後150万円を超えるだろう。

ただし、ビットコインの価格がその基準に達せず135万円を下回った場合、この暗号資産が短期間保ち合いとなることを意味する可能性がある。

BTC/JPYの上昇に必要な要素
  • BTC / JPYは、20日EMA(赤)、50日EMA(緑)、200日EMA(青)を上回った状態を維持すること。
  • BTC / JPYが1,354,000円を下回らないこと。
  • BTC / JPYの1日の出来高が21日MAを上回った状態を維持すること。

トレーダーたちの見解についての分析

PlanB氏(オランダの機関投資家)

この投稿でPlanB氏は、ビットコインのStock-to-Flow Cross Asset Model (S2FX)として知られている比較的強気なチャートを共有した。S2FXモデルは、希少性を使用してビットコインの価値を定量化するものである。

S2FXモデルの主な特徴は、ビットコインだけでなく、金、銀、および供給が限られているその他の商品にも適用することである。 PlanB氏は、BTC / USDが13,800ドルを超えて先月の取引を終えたことを強調した。これは非常に強気な兆候である。

また、それだけでなく、このチャート上の赤い点がこれまでで最も高い位置にあることを強調した。言い換えれば、ビットコインは順調に予測された価格帯を追い掛け続けているということである。

PlanB氏が述べているように、ビットコインの価格が引き続きS2FXモデルの通りに動く場合、2021年から2022年の間のどこかでビットコインの平均価格が100,000ドルを超える可能性があることを意味している。

MMCrypto氏(トレーダーであり市場アナリスト)

上記の投稿では、MMCrypto氏は非常に有益なチャートを共有しており、ビットコインの1日あたりの価格を示している。MMCrypto氏は自身の分析で、先週末の終わりまでにBTC / USDが高値を突破すると信じており、実際にその予想は的中した。冒頭で述べたように、ビットコインの価格は現在非常に強気であり、上昇を続けている。

保ち合いの可能性がわずかにあったが、MMCrypto氏が予測したように、買い手は引き続き支配権を握っている。当面、このトレンドが続くであろう。買い注文がビットコイン市場を支配し続けており、現在ビットコインの価格は14,000ドル付近の非常に重要な水準を突破する寸前である。

そうなった場合、再度BTC / USDが急騰し、その結果BTC / USDが16,000ドル以上になる可能性があると私たちは考えている。

Cryptoquant.com(オンチェーンデータおよびチャート提供サイト)

CryptoQuant.comはこの投稿で、ビットコイン価格の好調な勢いの主な推進要因を強調している。

CryptoQuant.comのチャートは、米ドルでのビットコイン価格を、取引所に流れているビットコイン取引の量と比較している。CryptoQuant.comが結論付けているのは、BTC / USDは現在3年ぶりの低水準にあるということである。なぜこの事が非常に強気であるのか?

次のことを考えて頂きたい。売り手より買い手が多い場合、ビットコインの価格は上昇する。さらに、売り手は売却するために取引所にBTCを送る必要がある。したがって、売却できるビットコインが少なくなると、価格が上昇する傾向がある。

このチャートが作成された時点で、その日に取引所に流れたビットコインはわずか26,648BTCだけであった。取引所に流れる金額がどれだけ減少したのかという感覚を得るために参考として述べるが、6月初旬年間最高に達成した際の1日の量は約70,000BTCであった。

これは、上記のチャートが作成されたとき、2020年6月初旬と比較して60%未満のビットコインが取引所に送られていたことを意味する。

UnchainedCapital(ビットコインネイティブ金融サービス会社)

Unchained Capitalによって共有されているこの記事は、HODL波として知られている上記のチャートを深堀している。このレポートによると、このチャートは次のように解釈されるべきである。

「色付きの帯は、凡例に示されている時間枠内で最後に取引された、現存するビットコインの相対的な割合を示している。また、下の暖色(赤、オレンジ)はごく最近取引されたビットコインを表し、上の冷色(緑、青)は長い間取引されていないビットコインを表す。」

簡単に言えば、HODL波は、どれだけの量のビットコインが移動されたのかということと、UTXOと呼ばれる未使用トランザクションアウトプットがそれぞれどれだけの期間、コインを移動せずに保持しているのかを示す。興味深いことに、HODL波にてビットコインが過去最高値を記録したという事実がある。現存するすべてのBTCの62%が1年以上移動していないとのことである。

これは非常に強気なチャートである。結論として、利用可能なビットコインが少ないほど、ビットコインの価格が上昇する可能性が高くなるということである。

S2FXモデルに従って価格が変動しているだけでなく、売り手に提供されているビットコインが少なくなっていることも分かっている。このトレンドが続く場合、これはビットコイン価格が過去最高値突破を引き起こす大規模な強気市場を招くパターンを意味する。

もちろん、それは売り手より買い手が多いかどうかに依存する。そして、価格が上がるほど、より多くの人々が売却することに興味を持つようになる。

ビットコイン価格予測

ビットコインチャート

本日ビットコインの価格は、1,500,000円突破を試みた後、1,442,000円に下落した。現在、BTC / JPYは次のサポートゾーンを4.5%以上上回った、約1,354,000円で取引されている。BTC / JPYが私たちの予測範囲内で取引されたため(青)、先週末の予測は的確であった。

したがって、冒頭で述べたように、ビットコインの価格についての私たちの考えは非常に強気であり、今週にかけて上昇の勢いが続くと予想する。

当記事執筆時点で、ビットコインの価格は過去最高値である2,214,000円近くを35%下回っている。これは、BTC / JPYが成長する余地が十分にあることを意味する。

金曜日に、ビットコインの価格は、可視範囲出来高(VPVR)による基本的なレジスタンス水準である144万円を超えると予想していると私たちは述べた。BTC / JPYはこの重要な価格水準を上回っただけでなく、それを超えるサポートを見つけたようである。

BTC / JPYがこの1週間を通して144万円を上回る状態が続く場合、11月中に史上最高値を更新しようとする可能性がある。

24時間以内の価格変動

ビットコインの上値が150万円を上回ることはないだろう。なぜなら、そうなるにはビットコインの価格が4%以上跳ね上がる必要があるためである。一方で、このデジタル通貨が1,350,000円を下回るシナリオも薄いと予想する。この価格はビットコインの本質的なサポート水準であるため、もしそれを下回るのならば、BTC / JPYはさらに下落する可能性がある。

冒頭で書いたように、ビットコインの価格は今後数日間、より高い価格帯に押し上げられるというのが私たちの考えである。BTC / JPYがサポートゾーンを下回った場合、このトレンドがシフトする可能性は無きにしも非ずであるが、それはほとんどないと思われる。

免責事項

・暗号資産の取引はリスクを伴うビジネスです。暗号資産市場は非常に変動が激しく、流動性が低いことがよくあります。
・レバレッジ取引は利益を増やすための効果的な方法ですが、それにより各取引におけるリスクが増えます。
・レバレッジが追加されるほど、潜在的な利益と損失可能性が高くなります。
・リスクをとる覚悟があればあるほど、報酬を得る可能性が大きくなることがあります。
・本記事はかそ部が提携する海外アナリストからの情報を日本語訳した情報となります。

account_arrow_min

いま世界で最も勢いのある注目の取引所!高レバレッジとボーナスも魅力的!
  • 日本語完全対応の海外取引所!
  • シンプルなUIでスムーズに取引できる
  • 公式アプリで快適な取引ができる!
配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る