デジタル通貨を主な投資事業とするDigital Currency Groupの子会社であるGrayscaleは先週、2億1500万ドルの過去最大の資金流入を記録した。これは2021年末までにビットコイン全体の循環供給量の5%(926,600BTC)をコントロールするようになる計算だ。Grayscale’s Bitcoin Trust (BTC) は年末には500,000BTCを保有することになると予想される。

先週、Grayscaleは、過去の信託への投資額を上回る資金流入(上記の額)を記録し、同社は現在、執筆時点で67億ドル(481,711 BTC)を保有している。Grayscale Trustは2013年9月に設立された投資信託で、今年に入って爆発的な成長を遂げており、運用資産残高(AUM)は19億ドルから2020年の最初の9ヶ月間に47億ドルに増加している。第3四半期の報告書以降、同社のBitcoin TrustのAUMはさらに20億ドル成長した。

Grayscaleの週次資金流入額のほぼ70%が、過去3四半期にBitcoin Trustに投資され、Bitcoin Trustの週次資金流入額は12ヶ月平均の3,950万ドルから第3四半期には5,500万ドル以上に増加し、その84%が機関投資家によるものだ。

先週、Grayscaleは第2回目のBitcoin Investor Studyを発表し、BTCへの投資に興味を持つ米国の投資家が2019年の36%から2020年には55%に増加していることを明らかにしている。

予備資産としてBTCを保有している企業とは直接比較にならないが、Grayscaleは他の上場企業よりも圧倒的に多くのビットコインを保有している。10月13日には、他12社が合わせて約15万BTCを保有しており、Microstrategy (38,250 BTC) 、Mike NovogratzのGalaxy Digital (16,551 BTC) 、Jack DorseyのSquare (4,709 BTC)などが注目されている。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る