米国証券取引委員会(SEC)は、暗号通貨会社が資金をより調達しやすいよう、いくつかの規制内容を修正した。規制の具体的変更点は、「レギュレーションクラウドファンディング、レギュレーションA、およびレギュレーションDのルール504の資金調達制限を引き上げ、特定の個人投資制限を改訂」とされている。SECの新しい規制により、暗号通貨会社はより多くの資金を調達することが可能となる。修正は、官報に公開されてから60日後に有効となる。

暗号通貨の母としても知られるSECのHester Peirce氏は「レギュレーションAのTier2に基づく提供限度額を5,000万ドルから7,500万ドルに引き上げ、レギュレーションクラウドファンディングの提供限度額を107万ドルから500万ドルに引き上げることで、引き上げられた金額と相対的にコストを削減しようとしている。」と説明した。

レギュレーションAは公募登録の免除である。2つの階層があり、Tier1は、12か月間に最大2,000万ドルを提供するためのものであり、Tier2は、12か月間に最大5,000万ドルを提供するためのものである。レギュレーションクラウドファンディングは、資格のある企業はクラウドファンディングを通じて証券を提供および販売することが可能である。

3つ目の免除について、Peirce氏は次のように述べている。

ルール504の提供限度額を500万ドルから1,000万ドルに引き上げることにより、より多くの発行者が使用することができ、州をまたがる広い地域間で提供が実施され、また州と同等のレビュープログラムを利用することを奨励しようとしている。また、我々は、資本形成を不必要に妨げ、投資家の経済成長への参加機会を不当に制限する規制スキームに対し、的を絞った改善案を採用している。

現在、レギュレーションDのルール504は、資格のある企業が12か月間に最大500万ドルの証券を提供および販売する場合、登録免除となっている。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る