ナイジェリアの国家情報技術開発庁(NITDA)の局長は、今後10年間にブロックチェーン技術から60億ドルから100億ドルの収益を期待できる可能性があると述べた。

11月5日のNITDAの発表によると、Kashifu Inuwa長官はナイジェリアの首都アブジャで開かれた利害関係者会議で、NITDAの国家ブロックチェーン採用戦略フレームワークの見直しについて話した。「戦略の草案は10月に初めて発表され、ブロックチェーンと分散型台帳技術(DLT)が “ナイジェリアのデジタル経済の発展を促進する」と彼の考えを示した。

また、「私たちは、ナイジェリアがブロックチェーンを通じて大きな利益をあげるための戦略を立てている。ブロックチェーンは、製品やサービスの作成、トレースという点で重要な役割を果たすことになるだろう。」とInuwa氏は付け加えた。

さらにInuwa氏は、PricewaterhouseCoopersの10月の調査を引用し、ブロックチェーン技術は、その幅広いユースケース(ソフトウェア工学やシステム工学でシステムの機能的要求を含む振舞を把握するための技法)を通じて、今後10年間で世界の国内総生産に1.76兆ドルを追加する可能性があり、2030年には世界の国内総生産の1.4%になるとしている。同氏は、ナイジェリアでは、州のサービス、決済サービス、デジタルID、顧客エンゲージメント、契約や紛争解決のアプリケーションに、この技術を取り入れることができると述べた。

ブロックチェーンから価値を獲得できるように、国をうまく立ち上げる必要があるとも考えているようだ。ナイジェリアは、アフリカでの暗号化とブロックチェーン導入の最前線にいる国の一つである。Arcane Researchが5月に発表した報告書によると、アフリカのインターネットユーザーの中で、ナイジェリアは暗号通貨の所有または使用の割合が11%と、2番目に高い国であることが明らかになった。9月には、同国の証券取引委員会(SEC)が正式にデジタル資産を規制対象に定義しました。

最近では、ナイジェリアのフェミニストのグループが、警察の特別反強盗団(SARS)に対する抗議活動の資金源として、寄付金として暗号通貨を利用していることが注目されている。何千人ものナイジェリア人が10月初旬から街頭に出て、同国の警察の横暴に抗議し、SARSの解散を求めている。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る