パンデミックによって世界が混乱している中、デジタル通貨を含む世界経済のあらゆる側面で新しいトレンドが活気づいている。

COVID-19によるパンデミックで、世界の金融システムの脆弱性が露呈し、また消費者の債務の増加などにより不安定化が促進されている。今週、ロシア中央銀行のElvira Nabiullina総裁が主催した中央銀行総裁クラブのオンライン会議で、代表者たちは現在の危機がどのような影響を及ぼすかという予見において全員一致した。

会議では、中央アジア、黒海地域、バルカン諸国などから集まった26の中央銀行の代表者も、パンデミックによる電子商取引の拡大とデジタル決済技術に言及した。これらの傾向により、金融規制当局は中央銀行のデジタル通貨をこれまで以上に真剣に捉えるようになっている。報告にあるように、世界中の圧倒的多数の中央銀行では、既に何らかの形のCBDCに取り組んでおり、この関心の高まりは、2016年以降、この問題に関する公式スピーチが増えていることからも汲み取ることができる。

ロシア中央銀行のAlexey Zabotkin副総裁が主催した中央銀行総裁クラブのフォローアップ会議では、代表者たちはパンデミック時の金融規制当局の積極性をより高めることについて話し合った。出席者はCBDCが州の金融政策と金融の安定にどれほど影響を及ぼすか評価し、サイバーリスクを軽減するための手順を考案する必要があることに同意した。

報告によると、この会議には、CIS諸国、イスラエル、中国の中央銀行だけでなく、国際通貨基金(IMF)や世界経済フォーラム(WEF)、国際決済銀行の代表も招集されたという。会議に参加しただけではなく、グローバルCBDC開発の詳細な分析も行っている。
その一部として、IMFは複数の中央銀行と共同でCBDC研究を行っているが、WEFは最近、国境を越えた管理の観点からCBDCフレームワークの開発に注目している。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る