2018年9月26日、仮想通貨企業のCircleは、米ドルに固定されたステーブルコインであるUSDCの発売を発表した。今週、Circleは、最大10.75%のAPYを持つ高利回りのデジタルドルビジネス口座の立ち上げを明らかにした。

2年前の公開時点で、USDCは時価総額で12位のブロックチェーンで、現在は28億ドル相当が流通している。Tether(USDT)の次に、USDCは2番目に人気のあるステーブルコインである。

「USDCは、中央銀行が発行を予定している不換トークンの最初のものであり、Circleはこれから不換トークン発行を予定している。」とCircleは発表時に述べている。


参照:Bitcoin.com

2020年11月5日、Circleの公式Twitterアカウントが、高利回りのリターンを提供するUSDCビジネス口座についてツイートした。

「CircleはUSDCのみで構築された短期・中期の高利回りビジネス口座の導入を予定している。」

待機リストのサイトには、次のように記載されている。「高利回りデジタルドルビジネス口座の待機リストに登録が必要で、このサービスが利用可能になった時には、すぐ利用することができる。」

8.50%のオープンタームAPYオファーは、引き出し制限がなく、口座保有者はいつでもアクセスすることができると述べている。12ヶ月の固定期間では10.75%まで増やすことができ、6ヶ月間では10.25%まで増やすことができる。利息の支払いは毎週支払われ、毎日蓄積される。そのプロセスはCircleの口座に自然に統合され、CircleAPIを介してカスタマイズ可能である、と同社のウェブサイトで説明されている。

ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)など、ほとんどすべての仮想通貨は、高利回りの有利子口座でレバレッジをかけることができる。しかし、ステーブルコインは、種類によらず、一般的にははるかに高い金利が発生する。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る