ビットコイン過去2日間で急騰し、週足の安値である13,300ドルから16,000ドル付近の高値まで上昇した。この反発は、Joe Biden氏が大統領選挙で勝利するとの期待から、米ドルが急落したことの影響を受けたものである。

米ドルが下がればビットコインは高値に向かうかもしれないが、先物市場のデータによると、この反発は急に手に負えなくなってきている。つまり、先物市場の資金調達率は、現物市場主導の反発を経て、ようやく高値を刻み始めたということだ。ロングが過剰にレバレッジされ、売却された場合、ビットコインは急速に低落する可能性がある。逆に、ロングが圧迫されている可能性があるとも言える。

危険なビットコイン先物市場

ビットコインの16,000ドルへの高騰は、個人投資家と機関投資家の双方がビットコインを大量に購入して保管していたため、現物市場での取引量の急増が前提となっていた。しかし、データによると、市場が最高値の達するにつれ、これは変化し始めている。ある仮想資産アナリストは、ビットコイン先物市場が加熱していることを指摘し、上昇した後、以下の図表を共有した。

「8月以来初めて、弱気の資金調達と考えられるものが起きている。BinanceのL/S比率は急速に上昇している」と解説した。

図表を見ると、資金調達率が爆発的に上昇し始め、潜在的に「弱気」のサインが出ている一方で、為替ではロングトレーダーやショートトレーダーのポジションが急上昇していることがわかる。図表は想通貨トレーダーByzantine Generalの分析によるここ数週間のBTCの相場の動きを表すものである。


参照:NEWSBTC

同トレーダーはその後のツイートで、OKExのトレーダーが同様の動きをしており、現物プラットフォームでコインを購入するのではなく、ビットコインのロングへのエクスポージャーを増やしていることに気づいたと付け加えている。

また、反落への期待に加えて、ビットコインのFear and Greed指数は92ポイントで複数年の最高値に達している。これを受け、多くの人は、投資家があまりにも強気になりすぎたことが原因で市場調整が起きると見ている。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る