今週初め、分散型金融(DeFi)市場は降伏状態にあった。Yearn.financeのYFI、Synthetix Network Token (SNX)やその他多くの優良なトップコインが、わずか1日から2日間の間に数十パーセント急落したためだ。

夏に達した高値からこれらの安値まで、DeFiコインは平均で約75%下落した。この下落は、多くの初期のDeFi利用者、特にSNXやYFIのようなコインを早期に購入した人たちが、数百万ドルの利益を得た急速な盛り返しの後に来た。

この2日間でようやく買い手がDeFi市場に足を踏み入れ、コインは最近の安値から強く上昇した。

DeFiのトップコインは底値から勢いよく回復

分散型金融のトップコインは、今週初めに見られた安値以降、強く盛り返している。過去24時間だけでも、Aave (AAVE)、Synthetix Network Token、Uniswap (UNI)などが米ドルに対して約15%上昇している。これにより、時価総額トップ100の中で最も好調な仮想通貨の一つとなっている。これらのコインの上昇は、過去24時間でビットコインの価格が4.5%下落したことに起因している。ちなみに、Ethereumは、過去24時間で6%下落した。

ただ、すべてのDeFiコインがこの上昇の恩恵を受けているわけではない。RENネットワークの仮想通貨RENなどの、より小さな銘柄は、実際には、過去1日で10%以上下落している。市場は、DeFiの「ブルーチップ」として広く認識されているYFI、AAVE、SNX、UNIに資本が集中しているようだ。

DeFiの底値はこれからかもしれない

誰もがDeFiは底値に達したと確信しているわけではない。ある仮想通貨アナリスト(元Messariの製品責任者)は10月にこうコメントしている。

「私は常に自分の情報を更新しているが、残念ながら、DeFiにはこれからもっと大変な時期があるように見える。もともと私は、DeFiの投資家の熟練度を考えると、80-90%の暴落は見られないだろうと考えていたが、その考えは誤算になりつつある。」

最近の上昇は、単に長引いた売りの圧迫に過ぎないことを示す兆候が残っており、真の底値の前にさらに売りの圧力がかかるかもしれない。ビットコインが最も好調な仮想通貨として業界内での優位を維持すれば、DeFiの底値が更新される事態は免れないかもしれない。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る