Chainlinkの価格は、ここ数日から数週間、非常に大きな変動が観測されている。昨日は買い手が14.00ドルまで価格を押し上げ、DeFiセクター全体が爆発的な勢いを見せた。しかし、このトークンは現在、激しい売り圧力に直面しており、買い手がここ数日の勢いを維持するのに苦労しているため、仮想通貨市場全体が下落に転じ始めている。

この市場全体の下落は、ビットコインが15,000ドルを突破したことでもたらされ、集約型の市場に広範囲の影響を及ぼす。ETHも下降傾向にあり、450ドルのサポートレベルを破って、430ドルに向かって下落した。重要なのは、EthereumとほとんどのDeFi優良コインが最近の安値を大きく上回って取引されていることだ。例えばYFIは、7,500ドルの安値から18,000ドルの高値まで上昇したが、その後は勢いを失い、現在取引されている12,000ドルまで下落した。

この市場全体の低迷はLINKの上昇に打撃を与えているが、市場の状況が買い手に有利に戻ったときに、LINKは依然として強力な引き戻しをみせる可能性がある。あるアナリストは、Chainlinkの資金調達率の高さを、短期的に引き戻しが見られる理由の一つと指摘している。

Chainlinkのここ数日の上昇トレンドからの巻き戻し

本稿執筆時点では、Chainlinkは現在の価格11.80ドルで2%以上の下落取引が行われている。それは、7,500ドルから18,000ドルへのYFIの急上昇したときに連動した動きで、約14.00ドルの高値からの低下を示している。

このラリーの激しさは、DeFiセクター内に存在するすべてのEthereumベースのaltcoinにとって追い風となったが、今日のビットコインの15,000ドル以下の急落は、この勢いに打撃を与えた。

LINK Funding Ratesは最新の動きを受け、急上昇

あるアナリストは、最近のツイートで現在進行中のChainlinkの下降を牽引している要因の1つは、この動きによってもたらされた高い資金調達率であると指摘している。

資金が多いということは、ロングポジションの数がショートポジションの数をはるかに上回るため、混雑した取引になるということだ。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る