世界で初めてビットコインATMがデビューしたのが、ロボコイン(Robocoin)という会社がバンクーバーのコーヒーショップに設置した2013年であった。顧客がビットコインを現金と交換、またはその逆も可能であった。このマシーンでは、初日に1万ドルものBTCが取引された。

CoinATMRadarによると、当記事執筆時点で、顧客がビットコイン(BTC)やその他のアルトコインを現金と交換する暗号通貨ATMの推定設置台数は世界で約11,665台である。昨年と比較しても暗号通貨ATMの台数が著しく増加しており、2019年末の暗号通貨ATMの台数は6,372台と推定されていたが、現在、2020年末においては80%近く増加している。CoinATMRadarは、暗号通貨ATMの台数が毎日平均23台、つまり1時間にほぼ1台の割合で新しいATMが増加していることになると説明している。

アメリカは暗号通貨ATMにおいて、世界で最も急速に普及しており、最大のシェアを獲得している。同国にある暗号通貨ATMの台数は、2019年の4,213台から2020年には9,242台に増加し、50%以上も増加している。アメリカは現在、世界の暗号通貨ATM台数の総数の約79.2%を占めている。また、アメリカでは、小さな店舗、ショッピングセンター、交通機関のハブ、テスラギガファクトリーにさえ暗号通貨ATMが設置され、普及の多様性が高まっている。

世界のトップ5を発表すると、2位は880台のATMを持つカナダで、3位は268台でイギリス。4位は62台で香港。そして最後に5位は59台の暗号通貨ATMを設置することで大きな関心を示したコロンビアである。

アフリカに関しては、南アフリカ共和国が6台のATMがあり現時点ではアフリカ大陸のリーダーとなっているが、アフリカ大陸最大の経済国であるナイジェリアが昨年から暗号通貨ATMに関心を高めているため順位が変わる可能性もある。

暗号通貨ATMを製造する企業としては、サンフランシスコを拠点とするGenesis Coin社が世界で1位にランクされ、世界中に4,000台もの暗号通貨ATMを普及させており、次にGeneral Bytes社が3,442台のATMを普及させている。2020年の暗号通貨ATM台数の大幅な増加は、小売バイヤーと金融大手のPaypalを含む金融機関の両方からの関心の高まりを表している。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る