Yearn.financeのYFIトークンは、過去数日間、非常に大きな流動性にさらされている。その価格は一時7,500ドルまで急落し、数時間以内に、突然のバイサイドの圧力が流入し、18,000ドルの高値まで急上昇し、日足の安値から100%以上の上昇を記録した。

この動きによって、集約型のDeFiセクターが活性化し、DEXの取引量が急増し、さらに投資家が避けていたセクターに殺到し始めた。DeFiの優良コインはここ数日、持続的な勢いを見せているため、これは始まりに過ぎない可能性が高い。

仮想通貨市場内のマクロ環境では、BitcoinとEthereumの安定性の強さから、Yearn.financeのYFIのような高β資産へ移動する可能性があることがわかる。BTCが安定している限り、投資家は収益性を求めてリスクの高い資産に移動することは間違いないだろう。

Yearn.financeはこの勢いを維持

本稿執筆時点では、Yearn.financeのYFIトークンは、現在の価格15,300ドルで10%上昇して取引されている。これは、1日の安値である13,000ドル以下からの顕著な反発を示す。これらの安値は、18,000ドルの高値まで上昇した直後に設定されたもので、この下落は積極的な利食いによってもたらされた。

この最近の動きが単なるデッドキャットバウンス(株価大幅下落後の一時的な小幅回復)やショートスクイーズ(市場がショートポジションに傾いている時に、大きく買いを仕掛けることで、相場を高めに誘導すること)以上のものであることを示す兆候は、持続的な下落が続いていないということだ。

YFIを高値に維持する三要因

ある仮想通貨専門の経済学者は、Yearn.financeのYFIのようなaltcoinが今後1週間でより上昇することができることを示す3つの傾向に注目している。彼は今週を「リスクオンの週」と呼び、BTCはリスクを伴って取引される一方で、アルトコインのトレーダーはベンチマークの仮想通貨と比較して高いβ値を好むと付け加えている。

「論理はシンプルだ。それは第一にリスクオンの週、第二にリスクを背負ったbtcのトレード、第三にbtcとハイβのような取引をするためのaltcoinだ。これが実現すれば、来週のYFI価格は強く上昇する。」

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る