BinanceとeToroは、世界中で最もよく知られている暗号通貨取引所である。また、おそらく最もサービス内容が類似していない取引所でもある。Binanceは、暗号通貨取引に関して、スポット、証拠金、先物取引、および暗号に関連する補助サービスなど、より深いサービスポートフォリオを持っている。一方で、eToroは、ユーザーが株式、商品、その他の資産クラスを取引できるよう、より多くの種類のアセットを提供している。

どちらの取引所も、他の市場とは明確な差別化要因を持っている。Binanceは取引量の点において、世界最大の暗号通貨取引所であるが、eToroの独特な点は、ユーザーがフォローしているトレーダーの動きを真似することができるソーシャルトレーディング機能を持つ点である。

この記事では、暗号通貨取引に関して、BinanceとeToroの両方の長所と短所に焦点を当て、各プラットフォームがどのように機能するかの詳細を調査し、一連のカテゴリごとにどちらが取引に適しているかを検証する。また、これらの調査に基づき、カテゴリごとに得点をつけていく。

1.暗号通貨の購入

Binanceでは、ユーザーがビットコインやその他の暗号通貨を購入するのに複数の方法が可能である。ウェブサイトを見ると、VisaまたはMasterCardのクレジットカードとデビットカードを使用して暗号通貨を直接購入することが選択可能である。また、取引所に現地通貨を預け入れてから、その預金を用いて、複数の取引ペアを選び、暗号通貨を購入することも可能である。

さらに、取引所はP2P取引といくつかの第三者機関を通じた支払い方法をサポートしている。全体では、50以上の現地通貨がBinanceの暗号通貨購入オプションのネットワークでカバーされている。

eToroは暗号通貨の購入が非常に簡単であり、購入したい暗号通貨を選択し、購入したい暗号通貨の量と使用したい現金を入力するだけで、選択した支払いチャネル(またはお住まいの地域で利用可能なところ)に誘導される。eToroが暗号通貨購入オプションでサポートしている現地通貨はわずか10種類であることには注意が必要である。

評価:eToroは暗号通貨を購入するのが簡単という点において評価されるが、Binanceは暗号通貨購入者のニーズに合わせて幅広いオプションを提供するという点でより高評価である。

スコア:Binance 5 vs eToro 3

2.暗号通貨の取引

2017年にスポット暗号通貨取引所として開設して以来、Binanceはそのサービスを証拠金、先物、および暗号通貨のオプション取引に拡大してきた。市場で最大の取引量を抱えていることに加えて、複数の方法で注文が行えるため、取引の際に資金を供給する機会がたくさんある。そういった点においては、これらすべての機能の使用方法を習得するには時間がかかる。

eToroの暗号通貨取引プラットフォームは、単純に低価格で購入し、高価格で販売することを望むスポット取引所である。オプションが不足しているが、ユーザーフレンドリーなインターフェースと前述したソーシャルトレーディング機能で構成されており、暗号通貨のスポット取引だけでもできることはたくさんある。

評価:1つ目のカテゴリーと同様、eToroには暗号通貨取引に関して、いくつかの利点である独自の機能を持つが、Binanceは幅広いサービスを展開する点で評価される。

スコア:Binance 5 vs eToro 4

3.暗号通貨の保有/所有

Binanceでは、所有している暗号通貨はユーザーのアカウントの下にあると識別され、いつでも外部に取り出すことができる。分散型取引所が提供できるのは完全な暗号所有権ではないが、資金に簡単にアクセスできることが保証されている。さらに、Binanceの資産管理機能にサインすると、寝ながら報酬を得ることが可能である。

eToroでは資金の保有は、非常に複雑なものである。eToroで取引するために暗号通貨を購入する場合、実際にはその暗号通貨は所有できない。これは、暗号通貨がeToroの所有下にあり、ユーザーに代わって売買していることを意味している。
購入した暗号通貨を実際に保持できるのは、暗号通貨を別のアプリであるeToro Walletに転送した後、外部ウォレットに転送したときだけである。ただし、それを行っている間、これらの保有する暗号通貨をeToroに資金として戻し、取引するということはできない。さらに、eToroは暗号資産管理サービスを提供していない。

評価:BinanceがeToroよりも確実に進んでいるカテゴリーである。

スコア:Binance 4 vs eToro 1

4.取引手数料

Binanceの標準取引手数料は、取引の0.1%に設定されている。さらに、手数料の支払いにBNB(バイナンスコイン)を使用すると、取引コストは0.075%に下がる。例えば、10,000ドルで1つのBTCを購入すると、そのために10ドルが手数料として請求される。その1BTCを後日12,000ドルで販売した場合、その取引の手数料は12ドルとなり、合計手数料は22ドルになる。VIPプログラムを使用すると、持ち株と取引量に応じて手数料を最大0.012%まで下げることが可能である。

eToroを使用すると、ビットコインの売買取引の価格差は0.75%の範囲となる。暗号通貨により手数料は異なり、Tezos(テゾス)では5%にもなる。eToroは以下のように説明している。スプレッドは「ラウンドトリップ」方式で適用される。仕組みは次のとおりで、1BTCを 10,000ドルで購入すると、購入に対して75ドルが請求される。
後に、その1BTCを12,000ドルで販売すると、その価格の0.75%の90ドルが「ラウンドトリップ」料金の合計として算出されるが、1BTCを12,000ドルで販売した取引に対しては、前の取引で既に75ドルを支払っているため、15ドルだけが請求されることになる。

評価:両方の取引所においても全体的なサービスに対してはその他の手数料がかかる場合があるが、取引手数料に関しては、eToroよりもBinanceの方がはるかに高評価される。

スコア:Binance 5 vs eToro 2

5.全体的なサービス

Binanceは、ユーザーが暗号通貨を購入するための方法を複数提供する。ウェブサイトによると、VisaまたはMasterCardのクレジットカードとデビットカードを使用して暗号通貨を直接購入することができる。また、取引所に特定の現地通貨を預け入れてから、その預金を使用して、複数の取引ペアを選び、暗号通貨を購入することも可能である。
さらに、取引所はP2P取引といくつかの第三者機関を通じた支払い方法をサポートしている。全体では、50以上の現地通貨がBinanceの暗号通貨購入オプションのネットワークでカバーされている。

eToroを使用すると、暗号通貨を購入して取引するのが非常に簡単であり、ソーシャルトレーディング機能を使用して、より使いやすくなっている。これは、Binanceもまだ広範囲でサービスを提供できていない、独自のサービスである。

評価:このスコアは、ユーザーが利便性を重視するかどうかによって、ユーザーごとに異なる結果が出る。

スコア:Binance 4 vs eToro 3

これらの5つのカテゴリ以外にも、BinanceとeToroのどちらが暗号通貨取引に適しているかを判断する際に考慮すべき要素があるが、多くのトレーダーにとって重要であると我々が考えるこれら5つの主要なカテゴリーに基づくと、ビットコインや他の暗号通貨の取引に関しては、Binanceが優れた暗号通貨取引所であると言える。

最終評価:Binance 23 / 25 vs eToro 13 / 25

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る