木曜日の発表によると、分散型アプリケーションプログラミングインターフェイス(API)のネットワークを開発しているAPI3は、300万ドルの資金調達を行った。

資金調達はPlaceholder Capitalが主導し、Accomplice、CoinFund、Digital Currency Group、Hashed、Pantera Capital等がこれに参加した。API3の発表によると、API3はその1,000万トークンを資金として売却し、2年間の権利が付与されることになる。

API3によると、他にはBlock0、Equilibrium、Rarestone Capital、SolidityVentures等が資金を投資している。

トークンは、まだ発表されていないが、事前に予定されて行われるはずの公の発売日よりも前に、プライベートセールが行われた。9月のブログ投稿で説明されているように、トークンは、分散型自律組織(DAO)とともにAPI3のネットワークの主要な管理構造として機能する。 API3は、‟分散型API(dAPI)を大規模に構築、管理、および収益化するための共同作業”と表現している。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る