一部の仮想通貨トレーダーは、ビットコインの価格は今がピークなのではないかと疑っている。彼らが心配しているのは仮想通貨に関するメディア報道の急増だ。

CNBCに取り上げられるとビットコインは過剰人気になり、大衆が価格を押し上げている間に大口所有者がこれを売却することで価格は大下落することを業界では「CNBCの呪い」と言われている。CNBCのビットコインの呪いは本当にあるのか?一部のトレーダーは冗談だとは思っていない。

2017年の終わりには、ビットコインはとても人気が出て、しばしばニュースでも取り上げられ主流な投資先となった。その後、2018年の初めに価格が暴落し、ビットコインのニュースは大衆の間で流れなくなった。CNBCに自称 「ビットコインの伝道師」であるBrian Kelly氏が出現する、ということはビットコインがまた大打撃を受けていることを示しているのだ。

「仮想通貨コミュニティ内で、主流メディアは仮想通貨をよく理解しておらず、彼らが情報をキャッチするような頃にはもう時期は過ぎ去っているのだという感覚が根底にあると思う。」とMillion Fiat Homepage運営者であるMathew氏はDecryptに語った。

Mathew氏は、他の多くの人と同様に「呪い」は内輪のジョークと捉えている。彼らは、「主流メディアが仮想通貨の話題に飛び込んで分かったようなことを話しているのは、より業界に詳しくて彼らがなんの手がかりも掴めていないことを知っている我々からすると滑稽なんだ」と話す。

「呪い」をより文字通りに受け止めている人もいる。仮想通貨トレーダーのWilco van Boxtel氏は、「呪い」はトレーダーの下で 「よく知られている事実」であることを Decryptに語った。証拠を求められると、Boxtel氏は「これは語られていないトレーダーの秘密の一部です。ビットコイン価格や市場の以前の動きを見て、ニュースを確かめて見てください。そして、同じことが起きていることを確認してください。」

周辺のリサーチが乏しいため、「呪い」を反証するのは難しい。取引サイトeToroの市場アナリストであるSimon Peters氏は「ある種の真実は含まれていると思う。一部の精通した投資家は、売却に目を向けるだろう」と「呪い」について言及した。Peters氏は、Warren Buffett氏の言葉を引用した。「他人が貪欲なときは恐れるべきであり、他人が恐れるときは貪欲であるべきだ」

Castle Island Venturesのventure capitalistであるNic Carter氏は「まだ興奮が本当に多幸感の領域にまで広がっているのを見ていないので、この値動きについては大丈夫だと感じている」し、「今回はリテールの資産クラスへの関心が低いだけだ」と付け加えた。

Quantum Economicsの仮想通貨アナリストであるCharles Bovaird氏は、CNBCに関する被害妄想は2017-2018年で買いが殺到したことに起因する可能性があると述べている。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る