ビットコインはここ数週間で強い上昇を見せ、16,500ドルまで達した。しかし、アナリストたちは、修正が起こるのではないかと心配し始めている。

ある仮想通貨資産アナリストは最近、仮想通貨が2017年の高値20,000ドルの時と非常に類似した方法で取引されていることを示すフラクタル(相似性)を共有した。このフラクタル分析では、今後数週間で14,000ドルへの下落が起こると予測されている。

ビットコインの以前の値動きから予測

9月にビットコインが9,800ドルまで下落すると予測していた仮想通貨資産のアナリストは、今、別の綾戻しが起こるかもしれないと示唆している。

チャートを見ると、ビットコインの最近の価格行動は、20,000ドルの高値の時の様子に非常によく似ていることがわかる。この修正は、もしフラクタルがTになるならば、ビットコインを14,000ドルへと導く可能性があることを示している。


参照:newsbtc

ビットコインを2万ドルに引き上げた2017年のブローオフトップへのフラクタル分析を交えた過去数週間のBTCの値動きのチャート。
チャートは仮想通貨アナリストのCoiner-Yadox氏(@yodaskk on Twitter)によるもの。

「今日はチャートをほとんど忘れていた。週末に入ってからは、特に株式が弱気になっているので、ロングに捕らわれるのは非常に慎重になるべきだと思います。最高値になったかもしれないということ以外は、あまり見えていません。」

史上最高値を更新する可能性

ビットコインは短期的な下落に直面するかもしれないが、この業界の著名な投資家は、2020年が終わる前に仮装通貨が史上最高値を更新すると信じている。例えば、GeminiのCEOであり、ビットコインの億万長者であるTyler Winklevoss氏は最近、ツイッターで次のように述べた。
「私は、2020年が終わる前にビットコインの史上最高値を見ることになると思っています。価格は1ヶ月足らずで10,000から14,000近くまで上昇したにもかかわらず、まだブレイクアウトには至っていません。3000~5000の急上昇が見られるようになったら、ブルは逃げ出すでしょう」と述べた。

この楽観的な見解は、Real VisionのCEOであり、元ヘッジファンドマネージャーであるRaoul Pal氏の意見にも反映されている。Pal氏は、ビットコインは遅くとも2021年第1四半期までに史上最高値を更新するだろうと考えている。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る