分散型金融(DeFi)プロトコルであるValue DeFiが土曜日に、おそらくフラッシュローンの攻撃により、約600万ドルの損失を被った。フラッシュローンは、急成長を遂げているDeFiセクターでよく見られる手口である。

土曜日のValue DeFiのツイートによると、Value DeFiのMultiStablesの金庫に対する 「複雑な攻撃」により、600万ドルの純損失が発生した。

Etherscanのデータによると、攻撃者または攻撃者らがDeFiの貸し出しプラットフォームAaveから8万イーサリアムを借りた後、フラッシュローンで悪用したと見られている。

フラッシュローンは、貸し手が資金の即座の返還を期待しているため、ユーザーが担保なしで資金を借りることができる仕組みである。

攻撃者は、無担保融資を利用して、Value DeFiのMultiStablesの金庫に資金を預けた後、ステーブコインdai(DAI、-0.03%)とUSDC(USDC、+0.01%)の間で資金を鞘取りした。

報道時には、CoinGeckoのデータによると、Value DeFiの価値は1.99ドルに急落し、攻撃前の2.76ドル前後から27.9%下落していた。

フラッシュローン攻撃はDeFiセクターではよくあることだ。Value DeFiの損失は、別のDeFiプラットフォームAkropolisが同様のハッキングに遭い、合計で約200万ドルを失ったわずか2日後だった。

Value DeFi担当チームは、報道時までCoinDeskの質問に対して無回答だった。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る