分散型金融セクターは先週、大規模な上昇を記録した。すべての「blue-chip」トークンが爆発的な勢いを見せ、ブル資産が全速力で仮想通貨市場に戻ってきている。

この反発は、Yearn.financeのYFIトークンが7,500ドルの安値を記録し、そこから18,000ドルの高値に向かって急上昇したところから始まった。YFIはそれ以来安定しており、この重要なレベルの上に高い時間枠の終値を記録しようとしている。

エコシステム内の多くのトークンの価格上昇と同時に、分散型取引プラットフォームの流動性プロバイダーの利回りも急上昇している。これにより、DeFiトークンの値動きが正当化され、DeFiトークンを上昇させる追い風となる可能性がある。あるトレーダーは、市場の残りの部分が継続的な強さを示していることから、DeFiの仮想通貨資産は短期的には「バカげた動き」になると予想している。

仮想通貨市場の安定性がDeFiの反発を助ける

最近の大型のDeFi トークン全体に見られる反発は、セクター内のトッププロジェクトの価値を追跡するFTX取引所の「DeFi perpetual index」で見られる。数週間前に1,400ドルを底にしており、現在は2,160ドルで取引されている。

8月下旬のピーク時には、DeFi指数は3500ドルの高値に達した。指数は高値を取り戻すとも予測できるが、最近の安値は長期的な底のようにも見える。

あるアナリストの意見(DeFiトークンは近く急上昇する)

あるアナリストは、DeFiトークンは、Ethereumの「愚かな走り」に誘発されて近い将来より急激に上昇すると考えている。

「今のところ、DeFiブルーチップ、ETH、ビットコインには幅広い市場の強さがある。ETHは愚かな走りをしたいように見える。さらにSNX、YFI、RUNE、AAVE、UNIすべてが控えめに言っても気が狂いそうだ。」

Ethereumの次のトレンドがどこになるかは、間違いなく、より広範なDeFi市場に影響を与える。継続的な強さがあれば、小型のトークンがより高く上昇するだろう。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る