仮想通貨へのアクセスがアフリカ全体に広がるにつれて、ブロックチェーンは国境を越えた決済システムを改善する上で非常に重要になる可能性がある。
技術革新がアフリカ全体に広がり続けるにつれ、アフリカ大陸はブロックチェーン技術を独特に使用する可能性がある。アフリカは多くの分野で継続的に改革を推進しており、モバイル決済は、技術革新が日常のアフリカ人の生活を劇的に改善する可能性をもたらす典型的な例の1つである。

アフリカの多くの国は依然として経済発展途上国であると考えられているが、その最も卓越したいくつかの国は技術革新の最前線にある。ブロックチェーン技術の使用は、さまざまな業界や機関に浸透しているため、不可欠な要素になりつつある。

デジタルエコノミーおよびブロックチェーンソリューショングループのグローバルポリシーハウス(Global Policy House)のCEO兼創設者であり、バミューダ、アフリカ連合、英国の政府の顧問でもあるMichelle Chivunga氏は、コインテレグラフ社に次のように語っている。

‟ガーナを含むアフリカの国々は、土地登記にブロックチェーンを使用することを検討しており、多くの国では、デジタルID、サプライチェーン、医療、資金調達を検討している。Eコマースとフィンテックはアフリカのデジタル経済の重要な推進力である。これが成長していき、より多くのブロックチェーンが利用される活動の道を切り開いている。”

FlexID(Algorandプロトコルで実行されるブロックチェーンベースのデジタルIDソリューションウォレット)を共同設立したジンバブエのブロックチェーン起業家であるVictor Mapunga氏は、「仮想通貨の使用と取引を強化するインフラが大陸全体のブロックチェーン技術の主な推進力である。これまでのところ、ピアツーピア(P2P)および集中型の仮想通貨取引が主流であったが、まだやるべきことがたくさんある。」とコインテレグラフ社に語った。

ケープタウンを拠点とするソフトウェア開発者及び、スマートコントラクトエンジニアであり、分散型ファイナンスプラットフォームNFTfi(代替不可能トークン担保ローンのP2Pマーケットプレイス)の創設者兼CEO Stephen Young氏は、「集中型およびP2P取引などの仮想通貨オンボーディングインフラが色々なアフリカ諸国で展開され、大陸で最も有名なブロックチェーン技術の使用法である」とコインテレグラフ社に述べている。彼は、来年にDeFiプラットフォームも取り込まれる可能性があることを付け加えた。

最大の影響

2018年に分散型流動性マネジメントと国際決済会社Adharaを共同設立した元ConsenSysエンジニアのPeter Munnings氏は、南アフリカの銀行での経験を背景に、ブロックチェーンソリューションを通じて国境を越えた決済を改善する可能性をコインテレグラフ社に述べた。「アフリカ全体では、流動性が不足しているため、決済は遅く複雑である。」彼によると、ほとんどのアフリカ内の入植地は依然としてアメリカを通して行われており、例えばケニアシリングからタンザニアシリングへ移行するため、アメリカドルを経由するため常に遅く複雑になると説明している。

同氏は、地方自治体と積極的に協力しているPan-Africa Payment and Settlement System(PAPSS)やFnalityなど、いくつかのプロジェクトがこの分野の見直しを検討していることを強調した。彼は、「JPモルガンがこの分野でも積極的に活動している。商業銀行がす​​べての取引にアメリカドルを組み込んでいると迅速、単純、透明であっても、低迷するリ​​スクがある。少なくともアフリカの通貨間で直接FX市場を作成する能力を制限して行わなければいけない。」と加えて述べている。

Stephen Young氏は、国家間の取引を改善する可能性を指摘すると同時に、人々がいくつかの仮想通貨ゲームプラットフォームから、必ずしもお金が得られるわけではのだが、生計を立てることもできると付け加えた。「ここでの明白な答えは国境を越えた国際送金である。それと、政府によって多くのアフリカ人に課せられたひどい金融政策や汚職などからの脱出オプションとして利用できる通貨を持つことが重要である。

Michelle Chivunga氏は、ブロックチェーン技術が、アフリカ全体のいくつかの主要産業を変革するための重要な動機になる可能性があると考えている。彼女は、ブロックチェーンベースのソリューションの主要な候補として、土地登記、ID登録、医薬品/ヘルスケア、偽造品/ドラッグを特定した。

また、ブロックチェーンがサプライチェーン全体の透明性、可視性、包括性の向上をサポートする「主要な触媒的役割を果たす」機会として、アフリカ大陸自由貿易の今後の実施を強調した。彼女はブロックチェーンが大陸全体の富の不平等を崩壊させ、透明で説明責任のある資金調達につながることに役立つことを望んでいる。

私が情熱を注いでいる分野は、ブロックチェーンが富へのアクセスを分散化し、より大きな金融的参入をサポートし、特に零細、中小企業をサポートする機会である。アフリカの企業の少なくとも80%を占めているが、リソースが不足している。」と同氏は加えて説明した。

今後の課題

ブロックチェーンソリューションは、アフリカ独自の課題に対処するためにゆっくりと調査、開発されているため、さらに大きな影響を与える可能性はほぼ無限にあるように思われる。Munnings氏がコインテレグラフ社に語ったように、2020年8月に実施されたStatistaの調査によると、アフリカ大陸は仮想通貨に関してすでに先に進んでいる。

「アフリカには、すでに機能していた多くの伝統的なシステムが導入されていないというもう1つの利点である。ケニアでのMPESAの導入は、MPESAがいかに優れているかということではなく、他の選択肢がないことが理由であった。先進国である世界の国々には、支払いシステム(クレジットカードインフラストラクチャ)と流動性の高い通貨、決済時間の速さなどが当たり前にあるが、アフリカにはそれがほとんどない。」と詳しく説明している。

Mapunga氏は、既存の伝統的インフラの欠如に関することにも言及したが、現在、アフリカの大学は学位や卒業証書などのデジタル資格情報の使用をより積極的に試みていることも説明した。確かに、教育は、ブロックチェーン技術の普及と、アフリカの最も適切な課題への潜在的な応用を支援するための非常に重要な要素である。Chivunga氏は、すべての問題に対する答えではないが、その機能を理解することが鍵になることを強調した。

しかし、全体として、デジタル接続、インフラの問題、手頃な価格でのデータへのアクセス、教育と意識の向上など、改革の妨げとなる多くの課題がまだある。

同氏は「基盤が強化されるにつれて、アフリカでは、ブロックチェーンだけでなく、技術の収束または組み合わせによって開発されるソリューションが増えると思う。アフリカは実際に採用を促進し、従来の課題を回避し、自社開発のソリューションを設計することでアフリカに大きな利益をもたらすことができるだろう。」と締めくくった。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る