Cheese Bankとして知られているEthereumベースの分散型金融(DeFi)プラットフォームが11月上旬のハッキングによって330万ドルの損失を被った。Cheese Bankの泥棒は、米ドルペッグのステーブルコインであるUSDコイン(USDC)、テザー(USDT)、ダイ(DAI)を経由してcheddarを盗んだ。他の多くのプラットフォームもまた、ここ数日で同様の運命をたどっている。泥棒たちはフラッシュローンを利用するDeFiセクターの弱点を利用しているようだ。

「一連の攻撃では、フラッシュローンを使用した瞬時の借り入れ、スワップ、入金、そして再度大量のトークンの借り入れ、という流れで単一の取引所(例:Uniswap、Curve)で特定のトークンの価格を人為的に操作する悪質な行為が見られる。」と、ブロックチェーンセキュリティ会社のPeckShield氏は月曜日のブログ記事で、最近の類似したDeFiハックとしてValue DeFiとAkropolisを引用した後に述べた。

この一連の流れは本質的にドアに足を踏み入れるものであり、攻撃者はその取引所の異常な価格設定を悪用することができてしまう。

Value DeFiは、数日前にCheese Bankと同様のハッキングに見舞われた。狡猾な犯罪者はブロックチェーンベースのプロトコルから600万ドルを盗み出し、同時にUSDC、USDTとDAIも盗んで行った。

フラッシュローンは、DeFiエコシステムの機能であり、資金を盗むための穴を提供してしまっているようだ。最近Akropolisもハッキングを受けたが、これも同様の事件である。

11月6日にnefarius partiesからCheese Bankが資産をハックされた事件を参照して、PeckShieldの投稿は詳細に述べている。「この特定のハックは、AMMベースのオラクルから資産価格を測定する方法でCheese Bankから USDC/USDT/DAI の 330 万ドルを盗み出した。」

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る