ビットコイン投資家たちは、元10億ドル規模のヘッジファンドマネージャーであるJesse Felder氏の 「不正確な」ビットコインに関するブログ記事に反発している。ビットコインユーザーは、金融業界で働いている人からすらこのような不正確な意見が多く出ていることに愕然としているようだ。

Felder氏は、「ビットコインについての質問はやめて」と題した自身の金融ブログの11月18日の投稿で、ビットコイン(BTC)は交換媒体として使用されておらず、価値を蓄えるものでもないと主張した。彼はまた、ハードフォークが「流通しているビットコインの数と種類を増やしている」と主張することで、暗号通貨の重要な特徴の一つである希少性の価値に疑問を呈した。

「ビットコインが最初に作られて以来受けたすべてのハードフォークをまとめると、ビットコインの総数は実際にはドルの数よりも速く成長している。これは事実だ。」

しかしながら、これは事実ではなく、BCHやBSVをビットコインの供給源の一部と勘違いしている。Coin Metricsの共同創設者であるNic Carter氏は、「この記事のほとんどすべてが間違っている」と述べ、「ハードフォークがビットコインを希釈していない」と指摘してこれを素早く訂正した。

また、Felder氏は、ビットコインは将来「より優れた仮想通貨に取って代わられる可能性がある」と主張している。これに対し、多くのTwitterユーザーが「可能性は極めて低い」と反論した。

彼はビットコインのネットワーク自体が攻撃されていたという勘違いをしているように見える。彼は「ビットコインの数百万ドルの価値がハッキングされている。」と主張し、次のように続けた。「ビットコインは投機としては非常に意味のあるものかもしれない。ねずみ講や新規参入者にとっては素晴らしい結果をもたらす可能性がある。」

Felder氏の自信満々の主張に対し、多くのTwitterユーザーが彼を正そうと躍起になった。
Anthony ‘Pomp’ Pomplianoは最初に反応した1人だ。彼はFelder氏の言葉を「本当に不正確だ」とし、この元ヘッジファンドマネージャーを教育することを提案した。Human Rights Foundationの最高戦略責任者であるAlex Gladsteinはこれに続き、Felder氏は「調査を怠りすぎ」であると述べている。

Felder氏が明らかに混乱しているのは、彼が投資の”古い学校の定義”」に頼っていると述べたことが原因の一部かもしれない。実際にはハードフォークは2100万枚のビットコインの総供給量に影響を与えないという事実がある。ハッカーは時々コインを盗むが、ビットコインネットワーク自体が被害を受けることはない。

「根拠のない意見を言うくらいなら意見しない方がいい」とTwitterユーザーのanilsaidso氏は意見している。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る