タイの有名な音楽祭は、より安全でスムーズな支払いのためにブロックチェーンを利用すると発表した。

世界中で猛威振るうCOVID-19パンデミックにもかかわらず、いくつかの世界的イベントは計画通りに進めていこうとしている。イベントをキャンセルするのではなく、新技術の導入により、参加者同士の密接な接触を制限するよう努めている。そのようなソリューションの1つに、ブロックチェーンを利用したキャッシュレス決済システムがある。

タイで最大の音楽祭の1つであるMystic Valleyは、次回に行われる3日間のイベントで、キャッシュレス支払い用の独自のトークンを発行する。11月19日の発表によると、Mystic Valleyの主催者は、地元の仮想通貨取引所BitazzaおよびブロックチェーンスタートアップのFuse.io社と提携して、独自の仮想トークンMYSTを作成した。

新しいトークンは、飲食店や小売業者への支払いを含む、音楽祭でのすべての金融取引を行えるように設計されている。このイベントは、11月27日から29日まで、Nakhon RatchasimaのKhao YaiにあるMountain Creek Golf Resortで開催される予定である。

発表によると、MYSTトークンは紙幣の必要性をなくすことを目的としており、参加者や飲食店はよりスムーズで安全な体験をするだろうということである。新しいキャッシュレス決済システムは、主流のPOSシステムによって請求される高額なコストの削減も期待されている。「あらゆる種類のイベント主催者が、わずかなコストでネットワークの0.01ドルの取引に対しキャッシュレス支払いが実現できるようになる。」と発表で述べられている。

イベントの代表者は、「未使用のMYSTトークンが残った場合、ユーザーはフィアット(法定通貨)と交換できる。その後、現金または電信送金の払い戻しを受ける。」とコインテレグラフ社に語った。Mystic Valleyは、キャッシュレス決済システムを提供するだけでなく、参加者がビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ステーブルコインテザー(USDT)などの主要な仮想通貨でチケットを購入できるようにもする。

近年、音楽業界は仮想通貨と密接に結びついてきている。Binanceが支援する分散型音楽共有サービスであるAudiusは、2020年10月下旬にプラットフォーム上のミュージシャンとリスナーに800万ドルのガバナンストークンを配布した。9月下旬、フランスのDJ David Guetta氏が仮想通貨に焦点を当てた仮想通貨リアリティプラットフォームSensoriumGalaxyとの契約を締結した。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る