アメリカ合衆国内国歳入庁 (IRS) が仮想通貨に対する課税に関して様々なアプローチを思考していることが、ある政府関係者への取材で分かった。

財務省の税務政策室のシニア・カウンセルを務めるErika Nijenhuis氏は、ブロックチェーンに焦点を当てたOECD(経済協力開発機構)のイベントの中で、「ここではすべての問題の間にトレードオフの関係があるため、我々は一つ一つに対して慎重に検討している。」と述べ、仮想通貨の課税ルールを構成する要素の多様性について言及した。Nijenhuis氏のコメントはBloomberg Lawが報じた。

Nijenhuis氏はまた、「各アプローチが、取引所などの仮想通貨業界当事者に与える負担およびコンプライアンスの強化」に焦点を当てている。

機関からのより明確な要求は持続的になされており、それらの要求は、昨年3月にIRSが主催した仮想通貨税サミットの間にも話題にされた。IRSは、仮想通貨税の問題を追求し、調査するためのリソースのプールを拡大しており、予想される税務規則は、その広範なプロセスの一部となっている。

この問題は、Serviceの2020-2021年優先ガイダンス計画にも含まれていた。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る