テキサス州の規制当局は、彼らが投資詐欺であると主張している仮想通貨会社のオーナーを追っている。そのうちの10社はテキサス州の一人の男によって統制されていると明かした。

木曜日にテキサス州証券委員会(TSSB)は、テキサス州に基づいているとされる仮想通貨、外国為替およびバイナリオプションの15社に業務停止の緊急命令を出した。

最初の命令では、10社が名前を挙げられている。(Proactive Expert Trading, Reliable Miners, BitcoinFX Options, Sure Trade Earnings, CryptoTradeFXWay, Proactive ExpertTrade, ReliableFX Internal Trade, MaxFX Internal Trade, AntPoolTop Mining and ExpertTrades247。)規制当局は、一人の男、James Blundell氏がソーシャルメディア上で10個すべてをポンピングしたという。

規制当局によると、Binary Trade Forex, FX Trades and IQTradeはテキサス州で証券を販売するための登録がなされていないという。彼らは非常に有利な、低リスクの投資オプションを売り歩いており、偽物であると主張している。

一つの会社、GenuisPlanFxProと呼ばれる暗号バイナリーオプションと外国為替投資プラットフォームも例外ではない。規制当局は、GenuisPlanFxProが虚偽の国際金融ライセンスを保持すると主張しているという。

TSSB当局者は、15社すべてに共通しているのは、ソーシャルメディアを巧みに利用して投資家を引き込み、投資家を流出させていることだと述べている。

「悪徳業者は、ソーシャルメディアやインターネットのウェブサイトを利用して、合法的な運営をしているように見せかけている。また、この技術を利用して、多くの潜在的な被害者に素早くアタックすることもできる」と、執行ディレクターのJoe Rotunda氏は声明の中で語っている。

「彼らのウェブサイトはしばしば閉鎖され、ソーシャルメディアはしばしば休止状態になり、詐欺師はしばしば姿を消してしまいる。多くの場合、お金が取られている」と加えて述べている。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る