半導体メーカーであるNvidiaは今週、2021年の第3四半期の収益を発表したこれは、グラフィックスプロセッシングユニット(GPU)チップの販売に牽引され、予想を上回る結果を示している。同社は、第3四半期のグラフィックス部門の収益が27億9000万ドルで、アナリストの推定21億ドルを上回ったこと報告した。

グラフィックス部門には、ゲーム部門も含まれる。Ampereと呼ばれる新技術に基づくグラフィックカードの新しい事業が、コンピューターおよびビデオゲーム装置開発者から強い関心を集めたと述べた。たとえば、新しいモデルの1つであるGeforce RTX 3080は、9月に発売され、すぐに売り切れている

収益源のゲーム部門

Nvidiaによると、ゲームの収益は前年比37%増の22.7億ドルとなっている。Nvidiaによって作成されたGPUは、主にビデオゲーム装置とグラフィックスカードで使用されるが、仮想通貨マイナー、特にイーサリアム(ETH)、モネロ(XMR)、zcash(ZEC)などのコインを採掘するマイナーにも人気がある。

投資銀行RBC Capital MarketのアナリストMitch Steves氏によると、四半期に、Nvidiaは少なくとも1億7500万ドル相当の新世代GPUをイーサリアムマイナーに販売し、より優れた結果がでるよう支援した。アナリストは、第3四半期の売上高が1億5000万ドルになるとマイナーに案内していた。

Steves氏は、今後12月中に行われる予定のイーサリアム2.0というイーサリアムブロックチェーンのネットワークアップグレードでは、マイナーがより効率的なマイニングハードウェアに切り替える必要があると述べた。Nvidiaの新しいAmpereGPUチップは、そのニーズを満たすと考えられている。

ただし、このGPUはより効率的な特定用途向け集積回路(ASIC)マイナーに移行したビットコインのマイニングにはもはや効果的ではない。

2020年、Nvidiaの収益

全体として、Nvidiaの四半期の収益は47.3億ドルで、前年比57%増加した。アナリストは44.1億ドルの収益を見込んでいた。同社は、1月に終了する第4四半期も引き続きチップとカードの供給上の制約に直面していることを明らかにした。

また、多種類の事業を営む日本の大企業ソフトバンクからのイギリスのチップデザイナーARMの買収は、2022年の第1四半期までに完了する予定であるとも語った。

金曜日のナスダック株式市場取引では、Nvidiaの株価は0.92%下落して532.65ドルになった。過去52週間で、株価は最高値の589.07ドルと最低値の180.68ドルに達した。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る