土曜日には、多くの仮想通貨が過去24時間の間に4~40%急騰し、それによりいくつかの仮想通貨市場で大幅な利益が見られた。ビットコインキャッシュ、カルダノ、XRPなどのトップ10コインの価値が大きく跳ね上がったため、仮想通貨市場全体の時価総額は一時5,400億ドルを超えた。

2020年11月21日(土)には、現存する7,000以上の仮想通貨全体の市場評価額は、5,200億ドル〜5,400億ドルと推定されている。記事公開時点では、世界的な取引量も約200億ドル〜320億ドルとなっている。

時価総額でトップの仮想通貨であるビットコイン(BTC)は、本日1%以上上昇し、1ビットコインあたり18,840ドルと、1日の最高値を更新した。ただ、本日のBTCの上昇は、価値が大幅に跳ね上がった多くのコインと比べると、微々たるものである。


アルトコインの急騰により、多くの投機家は、待望の「アルトコイン時代」の到来が迫っていると信じている。例えば、本日第3位の時価総額を持つXRPは、土曜日に33%の急騰を見せ、1リップルあたり0.42ドルの高値まで価格を押し上げた。

市場評価による第2位の仮想通貨、イーサリアム(ETH)は、540ドルの高値で取引され、本日も4%以上上昇している。Chainlink (LINK)は8%急上昇し、LINKは現在1コインあたり15ドル以上で取引されている。Litecoin (LTC) は、過去7日間で38%の上昇という驚異的な1週間を記録した。LTCは土曜日の午後(東部標準時)に7%以上上昇し、1コインあたり87.46ドルで1日の高値で取引されていた。


ビットコインキャッシュ(BCH)は今週で14%上昇しており、そのほとんどが今週の土曜日の18%の上昇によるものである。BCHは、300ドルの心理的レジスタンス域を越え、1コインあたり303ドルで取引されていた。記事公開時点で、BCHは296ドルと301ドルの間で取引されている。

ポルカドット(DOT)は6.9%跳ね上がり、仮想通貨BNBは土曜日に5%上昇した。時価総額で10位のカルダノ(ADA)は今週末に17.6%以上跳ね上がり、1日の高値0.128ドルで取引されていた。

土曜日の勝者はcrypto.comのMCOコインで、109%の上昇を記録し、敗者は今日59%下落したINDORSE TOKEN(IND)である。

Redditフォーラム「r/cryptocurrency」の投稿やTwitter上のトレンドによると、土曜日のアルトコイン市場のパフォーマンスを受け、多くの人が「アルトコイン時代が戻ってきた」と考えている。本日の上昇を記録した主なコインは、EOS (15%)、XLM (20%)、VET (19%)、IOTA (19%)、DOGE (18%)、およびALGO (14%)である。

「2020年11月。アルトコインの時代が始まります。さあ、試合開始だ。」とTwitterアカウント “Cryptobud” がツイートした。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る